土日・週2で稼げる副業 PR

【2024年】リモートワークできるおすすめの副業10選

この記事では、現役のITフリーランスである私が、在宅・リモートワークできるおすすめの副業を厳選して10職種ご紹介します。

平日の夜や土日を有効活用できる副業や、クライアントワークに頼らない副業をご紹介しているので、平日は本業で忙しいサラリーマンの方でも取り組みやすいです。

また、IT・Web系の副業案件を獲得する方法や、おすすめの案件獲得サイトもご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

おすすめフリーランスエージェント

リモートワーク可能な副業案件を獲得したい方は、ITプロパートナーズ・レバテックフリーランスがおすすめ。
リモートワークOK・週1〜2日の参画でOKな副業案件が豊富。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
ITプロパートナーズ
週1〜2日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。副業をしたいエンジニア・デザイナー・マーケターにおすすめ。スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点も好評。
【第2位】
レバテックフリーランス
求人数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーランス専門エージェント。週2日の参画でOK・リモートOKなど柔軟な働き方ができる案件も豊富。

Webデザイナー(バナー/ロゴ/LP制作)

働きやすさ リモートOKな案件が豊富
平均年収 360万円
必須スキル Photoshop / Illustrator / HTML / CSS / JavaScript / jQuery等
案件獲得方法 クラウドソーシング / フリーランス専門エージェント / Web制作会社・広告代理店の下請け
ポイント コーディングやディレクション業務を巻き取ることで年収UP

フリーランスWebデザイナーの平均年収は300~400万円です。Webデザインの単価は、実績がまだ少ない場合、LPデザインだけの業務で1件2万〜5万円という単価感になります。

構成やブランディングの提案などもできるようになると、LP1件あたり15万〜25万円の単価、時給換算すると3,000~4,000円相当になる仕事も受けられるようになります。

Webデザイナーが副業案件を獲得する方法としては『ITプロパートナーズ』の活用がおすすめ。リモートワークOK・週1〜2日の参画でOKな副業案件が豊富です。

エンジニア(Web制作/アプリ開発/システム開発)

働きやすさ リモートOKな案件が豊富(常駐案件は高単価)
平均年収 636万円
必須スキル HTML / CSS / JavaScript / PHP / ネットワーク / サーバー等
案件獲得方法 クラウドソーシング / フリーランス専門エージェント / Web制作会社・広告代理店の下請け
ポイント PMやディレクターが担う上流工程の仕事を巻き取ることで年収UP

フリーランスエンジニアの年収相場は720〜1080万円です。最近ではエンジニアの人手不足が続いており、単価相場は上昇傾向にあります。

エンジニアの働き方としては、常駐型リモートワーク型の2つに分けることができます。サラリーマンとして副業する場合、常駐はできないので、平日の夜もしくは土日の時間を利用したリモートワークになります。

フリーエンジニアの案件は、基本的に常駐型がメインですが、最近では「リモートワーク可」「土日祝日可」の案件が増えてきており、エンジニアがより柔軟に働ける環境が整ってきています。

Webエンジニアが副業案件を獲得する方法としては『ITプロパートナーズ』の活用がおすすめ。リモートワークOK・週1〜2日の参画でOKな副業案件が豊富です。

私がフリーランスとして独立した当初は、ITプロパートナーズで週3日稼働40万円/月のリモート案件をライスワークとし、残りの週4日で自社サービスの立ち上げに注力していました。

プログラマーにおすすめの副業5選!土日・週1〜2日案件の探し方この記事では、求人需要が高いプログラマーの仕事内容や、副業案件を獲得する方法についてご紹介します。...

Webマーケター(SEO/広告運用/SNS運用)

働きやすさ リモートOKな案件が豊富
平均年収 540万円
必須スキル Web広告運用 / SEO対策 / SNS運用 / Webディレクション / アクセス解析等
案件獲得方法 フリーランス専門エージェント / クラウドソーシング / Web制作会社・広告代理店の下請け
ポイント 制作案件も巻き取ることで年収UP

Webマーケターの平均年収は約540万円です。Webマーケターの働き方としては、リモートワークが一般的なので、本業が忙しい方でも副業と両立しやすい職業です。

一口にWebマーケターと言っても、様々な役割や肩書きがあります。

以下は職種別の平均単価です。実務経験が豊富であればあるほど単価が高くなる傾向にあり、広告運用など手数料で稼ぐビジネスモデルであれば収入は青天井となります。

職種 単価相場
広告運用代行 広告運用費の20%
SNSの運用代行 1クライアントあたり10万円/月
SEOマーケター 1記事あたり3〜4万円
Webディレクター 1クライアントあたり20万円/月
Lステッパー 1クライアントあたり3万円/月
YouTubeチャンネル運用代行 1クライアントあたり20万円/月

Webマーケターが副業案件を獲得する方法としては『ITプロパートナーズ』の活用がおすすめ。リモートワークOK・週1〜2日の参画でOKな副業案件が豊富です。

Webライター(Webメディアへの寄稿)

働きやすさ リモートワークがメイン
平均年収 300万円(文字単価1円〜5円)
必須スキル Webライティング / SEO / WordPress / アクセス解析
案件獲得方法 クラウドソーシング / SNS経由のインバウンド / Web制作会社・SEO会社の下請け
ポイント SNSのフォロワーが多いと単価が上がりやすい

フリーライターの平均収入は約300万円です。フリーライターの仕事は、寄稿する媒体によって仕事内容が異なります。以前は、ライターの仕事というと雑誌や本が中心でしたが、最近ではWebメディアに寄稿する仕事の割合が圧倒的に多いです。

Webメディアのジャンルとしては、以下のジャンルの案件が多いです。

・健康・美容系(健康食品、健康グッズ、エステ、脱毛等)
・金融・投資・保険系(FX、株式投資、投資信託等)
・暮らし系(家電、日用品、子育て、ペット等)
・結婚・恋愛系(婚活、合コン、出会い系アプリ等)
・仕事情報系(副業、転職、在宅ワーク、フリーランス等)

案件を獲得する方法としては、『クラウドワークス』のようなクラウドソーシングサービスを利用するのが一般的です。最初は、小さなタスクで評価を積みつつ、文字単価1円〜2円ほどのプロジェクト案件に積極的に応募し、信頼できるクライアントを見つけることが成功への近道です。

動画編集(撮影/編集/ディレクション)

働きやすさ リモートワークがメイン
平均年収 406万円
必須スキル 企画・撮影スキル / 動画編集スキル / 動画マーケティング(YouTube等)
案件獲得方法 クラウドソーシング / 動画制作会社の下請け
ポイント YouTubeチャンネルを1から立ち上げてグロースさせた実績があると単価が上がりやすい

フリーランスの動画クリエイターの平均年収は約406万円です。動画編集は、動画1本あたりの単価で計算されることが一般的です。単価は動画編集者の実力や実績、クライアント側の予算、作業範囲、動画のボリュームによって左右されます。

例えば、YouTubeの案件の相場感を見てみると、動画1本あたりの報酬は1万円〜5万円です。企業のPR動画については相場感も変わり、10万円以上の単価となることもあります。

項目 単価
企画構成 1万〜5万円/本
ディレクション 5万〜10万円/月
台本作成 1万〜5万円/本
撮影 5万〜30万円/本
編集 1万〜20万円/本
ナレーション 5万〜10万円/本

動画編集のフリーランス案件を獲得したい方は『レバテッククリエイター』がおすすめです。週2日でも参画できるリモート案件が豊富にあります。

翻訳(英文から和訳)

働きやすさ リモートワークがメイン
平均年収 350万円
必須スキル 語学力 / ライティングスキル / 読解力
案件獲得方法 クラウドソーシング / 翻訳会社の下請け
ポイント 専門的な論文などを翻訳する場合は、そのジャンルの専門知識も必要

翻訳/通訳の平均年収は約350万円です。英文から和訳の文字単価は26円〜35円、和文から英訳の場合は20円から30円が相場です。

翻訳と一口に言っても、映画の字幕や小説、論文やコーポレートサイトの翻訳など様々なジャンルがあります。クラウドワークスのサイト内検索で「翻訳」と検索すると、募集中の案件が4万件以上ヒットします。

翻訳の仕事をする上で語学力はまず必須です。TOEICのスコアであれば、900点前後のスキルは求められます。さらに、語学力だけではなく、文章全体のニュアンスや前後関係を読み解く読解力も必要です。

英語力を活かせるフリーランスの仕事5選!翻訳の仕事が人気この記事では、英語を活かせるフリーランスの仕事を厳選して5職種ご紹介します。...

イラストレーター(キャラクター制作/図解/サムネイル制作)

働きやすさ リモートOKな案件が豊富
平均年収 350万円
必須スキル ヒアリング・提案力 / Illustrator / Photoshop等
案件獲得方法 クラウドソーシング / フリーランス専門エージェント / SNS経由のインバウンド
ポイント 専門分野(メディカル領域等)を絞ることで単価が上がりやすい

フリーランスのイラストレーターの平均年収は約350万円です。単価相場は以下の通りです。

制作物 単価相場
ロゴ 30,000円〜200,000円
名刺 7,000円〜50,000円
DM・ハガキ 20,000円〜60,000円
フライヤー・チラシ 20,000円〜90,000円
ポスター 50,000円〜180,000円
パンフ・カタログ 20,000円〜70,000円/ページ
webデザイン 300,000円〜1,000,000円

フリーランスのイラストレーターとして年収を上げるには、SNSのような多くの人の目に触れる場所に、自分の作品やポートフォリオを露出すことが大切です。

多くの人の目に触れ口コミが広まれば、必然的にWebメディアや出版社の方の目にとまり、さらなる案件の獲得に繋がります。

イラストレーターが副業案件を獲得する方法としては、『ITプロパートナーズ』の活用がおすすめ。リモートワークOK・週1〜2日の参画でOKな副業案件が豊富です。

フリーランスのキャラクターデザイナーになるには?案件獲得方法を解説この記事では、キャラクターデザイナーの仕事内容や単価相場、フリーランス案件を獲得する方法について解説します。...

アフィリエイト(ブログ運営)

働きやすさ 働く時間と場所の縛りなし
平均年収 390万円(専業アフィリエイター)
必須スキル Webライティング / SEO対策 / アクセス解析 / ASPとの折衝
案件獲得方法 ASPへの登録
ポイント クライアントワークでSEOコラム制作を受託することで収入が安定化する

アフィリエイターの中でも、専業で稼いでいる方の平均年収は370万円~485万円と言われています。月5万円以上稼げる方が全体の5%と言われていますが、中には年収1,000万円以上稼ぐアフィリエイターもたくさんいます。

アフィリエイトの市場規模が大きく、個人ブログでも100万円/月以上の収益を見込めるジャンルは以下の7つです。

・副業・転職
・金融(投資・クレジットカード)
・恋愛(出会い系・アダルト系)
・学習(英語・資格)
・美容・健康(サプリメント・化粧品など)
・悩み(肌・頭皮トラブル等)
・趣味(ゴルフ・野球等)

上記ジャンルの中から、「自分の専門性を発揮できる分野」「ユーザーとして実際によく使用する」ジャンルを見つけられるとベストです。

フリーランスはブログ必須!仕事につながる活用術を解説この記事では、仕事につながるフリーランスのブログ活用術について、現役のフリーランスでありアフィリエイターである私が詳しく解説していきます。...

せどり(転売)

働きやすさ 働く時間や場所が自由
平均年収 500〜600万円(専業セドラー)
必須スキル 商品選定・開発 / 各種ECサイトのアルゴリズムや広告 / 仕入れ・在庫管理・発送
おすすめサービス AmazonのFBAシステム/オークファン
ポイント 汎用性が高いノウハウが出回っており、初心者でも稼ぎやすい

ブログやメディアで売上を発表しているセドラーの平均年収は、約500万円〜600万円です。一般的なサラリーマンと同じか少し上ぐらいですね。中には、月収100万円を超えるセドラーも多くいます。

せどり・転売のメリット・デメリットは以下の通りです。

転売・せどり4つのメリット

・スキルがなくても参入できる
・リモート・在宅ワーク可能
・クライアントに依存しないので好きな時間に働ける
・成功するためのノウハウが確立されている

転売・せどり3つのデメリット

・利益率が30%と低いので、初期費用が少ないと利益も少ない
・在庫管理が大変(自分の部屋が倉庫になる)
・梱包や発送の手間がかかる

せどりで稼ぎたいと思ったら、まずはすでに成功されている方のノウハウを盗むことからはじめましょう。

セドラーの稼ぎ方について詳しく知りたい方は、別記事「セドラー(転売ヤー)になるには?年収や稼ぎ方を解説」をご覧ください。

YouTube(広告収入/企業案件/D2C)

働きやすさ 時間や場所に縛りなし
平均年収 800万円(専業でYouTuber)
必須スキル 企画・撮影スキル / 動画編集スキル / YouTubeアルゴリズム / 演者力
案件獲得方法 SNS経由のインバウンド / YouTuber事務所への所属
ポイント クライアントワークで動画制作案件を受託することで、安定した収入が見込める

YouTuberの平均年収は約800万円です。サラリーマンの平均年収が430万円ですので約2倍です。

YouTuberと聞くと、はじめしゃちょーやフィッシャーズのような中高生向けのエンタメ動画を想像しがちですが、副業で始めるならビジネス系YouTuberがおすすめです。

なぜなら、エンタメ系動画の視聴者は中高生ですが、ビジネス系動画の視聴者はビジネスマンなので、広告収入に直結するクリック単価がエンタメ系に比べて非常に高いです。

広告単価が高いおすすめのジャンル

・不動産/投資系
・教育系
・美容系
・フィットネス系
・旅行系 等

ゆっくり茶番劇のようなYouTubeチャンネルであれば、顔出し・声出しなしでチャンネル運営できるので、表に出たくない方でもチャレンジできる職業です。