投資・資産運用 PR

【2024年】ちょこっと不動産の口コミ・評判や体験談を徹底分析

ちょこっと不動産では、レジデンスやオフィスビル、テナントビル、店舗などを投資対象としたファンドを提供しています。

ちょこっと不動産の評判について、実際に利用したユーザーの口コミや独自アンケートの結果をもとに、メリット•デメリットを徹底検証していきます。

【編集長おすすめ3社】

当サイトが特におすすめする不動産クラウドファンディングはCOZUCHI・みんなで大家さん・TECROWDの3社。運用実績が豊富で比較的安定したリターンが見込めます。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
COZUCHI
年利率4~13%程度のハイリターンを実現。不動産投資クラウドファンディング累計調達額No1。元本毀損の可能性が低く換金はいつでもOK。
【第2位】
みんなで大家さん
15年間元本評価割れなし。想定利回りは6%〜7%、運用期間は3年〜5年程度。1口100万円から出資可能。
【第3位】
TECROWD
新興国のオフィスビルやレジデンスが投資対象なので、投資利回りが高い。想定利回り約9%。1口10万円から出資可能。

※不動産クラウドファンディングの公募案件において、利回りが高い案件は応募倍率が高く抽選落ちするケースがほとんどです。当選確率を上げるために、必ず複数の不動産クラウドファンディングを併用して応募することをおすすめします。

ちょこっと不動産の投資案件の特徴

運営会社 株式会社良栄
想定利回り 約4%〜7%
運用期間 4ヶ月〜12ヶ月
実績総数 約20件

ちょこっと不動産』は、株式会社良栄が運営する不動産クラウドファンディングサービスです。運営会社である良栄は、不動産開発・賃貸の分野に強みを持つ不動産会社で、用地取得から企画・設計・施工まで一貫して行っています。

ちょこっと不動産では、レジデンスやオフィスビル、テナントビル、店舗などを投資対象としたファンドを提供しています。運用期間は4ヶ月~12ヶ月と比較的短期間のファンドが多く、短期間で投資回収できる点がメリットです。

引用:https://chokotto-fudousan.jp/

不動産クラウドファンディングにおいては、金融機関のローンを活用したレバレッジ効果は得られないものの、1口1万円からの投資が可能であり、少額から手軽に不動産投資を始めることができます。

また、優先劣後方式やマスターリース契約などの仕組みを採用しており、投資リスクを限りなく軽減できています。

・1口1万円から投資できる

・優先劣後構造によるリスクの低減

・年利4%〜7%程度の高い利回りを実現

・出資金が元本割れを起こすリスクがある

ちょこっと不動産の評判・口コミ

実際に、ちょこっと不動産を活用したユーザーの、ネットに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

ちょこっと不動産のポジティブな評判で多かったのは「運用期間が短く回収しやすい」「分配金が毎月もらえる」という口コミです。

悪い評判・口コミ

ポジティブな口コミが大半でしたが、一部「すぐに完売してしまう」といったネガティブな口コミも見受けられました。

口コミ・評判から分かるちょこっと不動産のメリット

ちょこっと不動産を活用するメリットは以下の4点です。

それでは、順に見ていきましょう。

1口1万円から少額で投資可能

ちょこっと不動産では、1口1万円から不動産投資をスタートさせることができます。

一般的に、不動産投資を始めるには自己資金で数百万円〜数千万円、銀行の借入なども含めると1億円以上の資金が必要となります。

一方で、ちょこっと不動産では1万円から不動産投資に携われるので、初心者や自己資金が少ない方でも気軽に不動産投資をスタートできます。

優先劣後方式を採用している

ちょこっと不動産では、優先劣後方式を採用しています。優先劣後方式とは、損失が発生した場合に劣後出資者である株式会社良栄が先に負担し、利益が発生した場合は優先出資者に優先的に分配される制度です。

この制度が採用されているので、投資家が出資した元本は守られやすくなり、リスクを抑えた資産運用が可能です。

年利4〜7%程度の高い利回り

ちょこっと不動産では、物件の賃料収入や売却想定価格等をきっちりシミュレーションし、優先劣後構造を採用することで、年利4〜7%程度のミドルリターンを実現しています。

もし、東京や大阪でRC造の不動産に投資するとなると、実質利回りで3%を切ってしまうことがほとんどなので、それと比較するとかなり高い利回りであることが分かります。

ローリスクを実現しながら、リターンはできるだけ大きく設計している点がちょこっと不動産の強みです。

想定通りの利回りで運用できている

ちょこっと不動産では、計画された想定利回りを外すことなく、安定した運用を続けている実績があります。

現在運用を終了しているファンド数は約15件ほどですが、全て元本割れすることなく出資金の償還がなされ、想定利回り通りの配当が行われています。

口コミ・評判から分かるちょこっと不動産のデメリット

出資金が元本割れを起こすリスクがある

投資商品において、元本保証は出資法により禁じられています。 不動産投資特有のリスクとして、天災による被害や不動産価値の低下など、出資金が元本割れを起こすリスクがあることを理解しておきましょう。

不動産投資に限らず、株式投資や投資信託などの金融商品も元本割れのリスクはつきものであり、それらの金融商品と比較すると、様々な物件に分散投資できるちょこっと不動産のリスクはかなり限定的です。

当サイトが最もおすすめする不動産クラウドファンディングについて知りたい方は、関連記事「おすすめの不動産クラウドファンディング14社を徹底比較」もご覧ください。

ちょこっと不動産はどんな人におすすめ?

ちょこっと不動産』のメリット・デメリットを踏まえ、ちょこっと不動産の活用をおすすめできる方の特徴は以下の通りです。

・不動産投資をしたいけど自己資金が少ない
・ローリスクミドルリターン(4〜7%)の投資先を探している
・運用期間が短く(1年以内)資金の流動性が高い投資先を探している
・優先劣後システムを採用している不動産クラウドファンディングを探している
・元本の評価割れが少ない安定した投資商品を探している

ちょこっと不動産は、社会情勢や投資トレンドに応じてファンドの傾向(配当利回り/投資回収期間など)が変化するので、最新のファンド内容を知りたい方は公式サイトからファンド一覧をチェックしてみてください。

無料で会員登録する!/

当サイトが最もおすすめするソーシャルレンディング事業者について知りたい方は、関連記事「おすすめのソーシャルレンディング14社を徹底比較」もご覧ください。

ちょこっと不動産に関するよくある質問

マイナンバーの提出は必要ですか?

匿名組合にかかる利益の分配に際してお客様から源泉徴収を控除しているため、税務署に支払調書を提出する必要がございます。

支払調書には、お客様のマイナンバーを記載する必要がございますので、マイページからマイナンバーの登録をお願いいたします。

いくらから申込みできますか?

1口1万円からお申込み可能です。

出資金はいつ償還されますか?

原則、最終計算期間末日の属する月の2カ月後の末日までに償還いたします。
ただし、実際のお支払い時期及び金額については、対象不動産の早期売却等、各ファンドの運用状況により異なりますので、あらかじめご了承ください。

予定分配率は保証されていますか?

当サイトで表示されている利回りはあくまで想定利回りであり、利回りの保証は出資法に基づき一切行っておりません。

ただし、投資家は優先出資者となり、賃貸や売却などにより得られた利益を、予定分配率に至るまで優先的に受け取ることができます。

譲渡はできますか?

当社が認め譲渡を受ける方がちょこっと不動産のサービスをご利用いただける場合は、出資単位で第三者に譲渡することができます。なお、お客様のご都合による譲渡には手数料が必要となります。

解約はできますか?

クーリング・オフ期間経過後の解約につきましては、やむを得ない事由が存在する場合のみ解約が可能です。 解約事由によっては、解約をお断りする場合もございますのでご了承ください。

出資者が死亡した場合または後見開始の審判を受けた場合には、その相続人や成年後見人が書面で通知することにより契約を解除できます。

(引用元:公式サイト)

おすすめ不動産クラウドファンディングまとめ

ちょこっと不動産で人気の高いファンドは、応募者がかなり殺到します。先着順に加え、抽選制のファンドも提供されており、応募したからといって必ず投資できるわけではありません。

配当利回りが高い人気のファンドに投資するためには、複数の不動産クラウドファンディングに登録し、同時並行で複数ファンドに応募するのが得策です。

【編集長おすすめ3社】

当サイトが特におすすめする不動産クラウドファンディングはCOZUCHI・みんなで大家さん・TECROWDの3社。運用実績が豊富で比較的安定したリターンが見込めます。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
COZUCHI
年利率4~13%程度のハイリターンを実現。不動産投資クラウドファンディング累計調達額No1。元本毀損の可能性が低く換金はいつでもOK。
【第2位】
みんなで大家さん
15年間元本評価割れなし。想定利回りは6%〜7%、運用期間は3年〜5年程度。1口100万円から出資可能。
【第3位】
TECROWD
新興国のオフィスビルやレジデンスが投資対象なので、投資利回りが高い。想定利回り約9%。1口10万円から出資可能。
ABOUT ME
辻本拓磨
当メディア監修者。フリーランスのWebマーケター・コンサルタント。 同志社卒→リクルート→フリーランス2年→法人4期目 | フリーランス専門シェアハウス「ノマド家」を茅ヶ崎で運営中。