フリーランス仕事一覧 PR

フリーランスのRPAエンジニアになるには?案件獲得方法を解説

フリーランスのRPAエンジニアとして独立を目指しているものの、案件の獲得方法や営業力に不安を抱えていませんか?

私自身もそのような不安を抱えたまま独立しましたが、フリーランスエージェントを活用することで継続案件を獲得でき、今年で独立6年目(フリーランス2年→法人4期目)を迎えます。

フリーランスエージェントに掲載されているRPA案件をのぞくと、「フルリモートOK」「週2から参画可能」「エンド直請け月単価100万円以上」のような開発案件が豊富に見つかります。

この記事では、RPAのフリーランス案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場、将来性について解説します。

おすすめフリーランスエージェント

RPAのフリーランス案件をお探しの方は、レバテックフリーランス・ITプロパートナーズの活用がおすすめ。

サービス名 特徴・おすすめ理由
レバテックフリーランス 案件数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーエンジニア専門エージェント。
週2〜5日常駐でがっつり稼げる案件が豊富で、利用者の平均年収は862万円と業界最高水準。
ITプロパートナーズ 週3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。
スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点もおすすめ。

RPAのフリーランス案件における単価相場・求人動向

フリーランスエンジニア専門エージェントである『レバテックフリーランス』でRPA案件を検索すると約420件の案件がヒットし、月平均単価は約60万円/月でした。最高単価は100万円です。

RPAでの開発経験が5年以上になると、フリーランスとして年収1,000万を超える可能性はかなり高いです。

また、RPAはAIとの相性が良く、RPAとAIを組み合わせた「RPAI」が注目を集めています。今後のRPA開発では、AIの知識がある人材が重宝されるようになり、より高単価案件を獲得しやすくなるでしょう。

RPAの業務への適用はここ数年内に始まったものであり、適用業務の拡大やRPAの機能拡充によってさらに適用範囲が拡大しています。それに伴って、RPAコンサルタント・エンジニアの需要も拡大していくと予想できます。

RPAの副業案件を獲得するには?土日・週1〜2日案件の探し方当記事では、RPAの副業案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場、将来性について解説します。...

RPAのフリーランス案件を獲得する方法

フリーランスのRPAエンジニアが案件を獲得するためには、フリーエンジニア専門エージェントに登録することが最も効率的です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、エージェントや代理店を利用せず、自力で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にエージェントを利用することをおすすめします。

レバテックフリーランス | 週2〜5日稼働の常駐案件がメイン

レバテックフリーランス』は、東京では頭一つ抜けた存在のエージェントで、最近では大阪、名古屋、福岡にも拠点が増え案件数も増加しています。フリーエンジニア向けのエージェントとしては、間違いなく知名度も人気も業界No1です。

フリーランスのRPA案件は約420件掲載されています。週5日常駐の高単価案件に加え、週2〜3日から稼働可能で、フルリモートOKな案件も豊富に見つかりました。

キャリア面談や入念な選考対策はもちろんのこと、案件参画後のサポートも手厚いので、初めてフリーランスになる方にレバテックフリーランスはおすすめです。

ITプロパートナーズ | 週3日・フルリモートで稼働できる案件が豊富

ITプロパートナーズはITフリーランス専門のエージェントであり、フルリモート可能で週3日から稼働できるフレキシブルな案件を数多く取り扱っています。

週5日常駐以外の案件はどうしても単価が低くなりがちですが、ITプロパートナーズは商流を挟まないエンド直案件が9割なので高単価案件が多いです。

自由度の高い働き方をしたいフリーランスや、フリーランス案件を掛け持ちしたい方、受託で稼ぎつつ自社サービスの開発準備をしたい起業家にもおすすめです。

RPAのフリーランス案件例

フリーランスエージェントに掲載されているRPAのフリーランス案件をご紹介します。

月単価70万円を超えるRPAのフリーランス案件例

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「月単価70万円以上」のフリーランス案件です。

案件名 【RPA】IT業界向け統合推進の求人・案件
想定月収 750,000円/月
業務内容 IT業界向け統合推進案件に携わっていただきます。主に、toBeシステムが機能実装できない部分のRPA組み込みの設計~構築~運用までご担当いただきます。
求めるスキル ・VBScriptまたはVB.netに関するスキル及び経験
・RPA製品UiPath、WinActorの何れかに関するスキル及び経験
・環境構築、運用、保守、メンテナンス経験
・RPAに処理させるプログラムの実装、テスト、運用保守経験
・OCR機能の実装経験
・プロジェクトマネジメント経験

週3日から稼働できるRPAのフリーランス案件例

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週2日の稼働でも参画できる」フリーランス案件です。

案件名 【VBA/RPA】リゾート事業の運営企業での社内SEの案件・求人
想定月収 〜400,000円
業務内容 ・基幹システム等の運用保守及びRPAなどのツール類の保守対応
・施設開業に伴う、システム全般の手配等
・他部署からの問い合わせ等への一次受付
求めるスキル ・VBAを用いた経験
・RPAツールを用いた経験
・社内SE、情シス業務の経験

フルリモートで稼働できるRPAのフリーランス案件例

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「フルリモートOK」なフリーランス案件です。

案件名 【PM】RPA支援構想の求人・案件
想定月収 〜700,000円/月
業務内容 RPAのパッケージ導入をご対応いただきます。
求めるスキル ・PMもしくはPLの経験
・要件定義の経験

レバテックフリーランスのサイト内検索で「フルリモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるRPAのフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

RPAエンジニアの主な仕事内容

働きやすさ 常駐案件がメイン
平均単価 60万円/月
RPAツール UiPath / WinActor / BizRobo! /Blue Prism
案件獲得方法 フリーエンジニア専門エージェント
ポイント 要件定義、設計・開発、保守・運用を一気通貫で担えると高単価案件を獲得しやすい

企業が業務効率化や生産性の向上を目的に、RPAシステムを導入することが一般的になりつつあります。RPAエンジニアは、RPAシステムの提案・構築・保守・運用を担当するスペシャリストです。

RPAエンジニアの主な仕事内容は、要件定義、設計・開発、保守・運用の3つに大別できます。

要件定義のフェーズにおいては、RPAの導入を検討しているクライアントの要望をヒアリングします。RPAシステムで自動化したい業務範囲や内容を洗い出します。このフェーズでは、上流工程を専門とするRPAコンサルタントが担当する場合もあります。

設計・開発のフェーズでは、要件定義をもとにRPA開発ツールを使用してRPAシステムを開発します。RPAシステムの導入完了後は、運用・保守作業が必要になります。

システムに不具合やエラーが発生した際に修正を行なったり、ユーザーからの問い合わせ対応、マニュアル作成などのサポート業務が発生します。

保守・運用まで巻き取れるようになると、フリーランスとして長期的案件・継続案件を獲得しやすくなります。

RPAのフリーランス(業務委託)案件を探す上でよくある質問

初心者・実務未経験でもフリーランスのRPA案件を獲得できる?

実務経験がない状態から、フリーランスのRPAエンジニアとして独立を目指すのはほぼ不可能です。

なぜなら、RPAのフリーランス案件に参画する際は、必須条件として「実務経験3年以上」のような開発経験を問われるからです。フリーランスは即戦力として現場に期待されるので、「未経験募集」の案件はほとんどありません。

なので、未経験からRPAエンジニアとして独立を目指すのであれば、まずは「未経験募集」の求人を出している企業に正社員として転職し、3年以上の実務経験を積んだ上で独立を目指すことをおすすめします。

RPAエンジニアとして「未経験募集」の正社員求人をお探しの方は、IT業界やエンジニア求人に特化している『レバテックキャリア』がおすすめです。

在宅・リモートワーク可能なRPA案件はどうやって見つける?

フルリモート可能なフリーランスのRPA案件を獲得するには、フリーランスエージェントの利用が最もおすすめです。

特に『ITプロパートナーズ』は保有案件の7割がフルリモート可能な案件です。ITプロパートナーズのサイト内検索で「RPA リモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

RPAエンジニアがフリーランスとして独立するメリット・デメリットは?

RPAエンジニアがフリーランスとして独立することで「業務内容は同じでも会社員より高い単価で働ける」「フルリモート可能な案件が多く柔軟に働ける」「仕事や一緒に働く人を自由に選びやすい」「煩わしい社内イベントに参加しなくてもいい」などのメリットがあります。

一方で、「収入が不安定になる」「社会的信用を得にくい」「確定申告や各種保険の手続きを行う必要がある」「業務委託の契約期間満了時のことを考えて、新規案件を開拓し続ける必要がある」あるなどデメリットもあります。

フリーランスとして働くRPAエンジニアの将来性は?

少子高齢化が進み労働力不足が表面化することで、今後さらに定型業務は人間からRPAに置き換わっていきます。RPAシステムを業務に適用する企業が増えつつあり、RPAエンジニアの需要は今後も高まり続けることが予想できます。

また、RPAで業務を自動化していく中で、RPAに関するセキュリティは今後注目される領域です。例えば、RPAロボットの不正利用防止やRPAロボット端末の不正アクセス制限、データ流出防止などがあげられます。

設計や開発、運営時にセキュリティ対策を施すことができれば、市場価値が高いRPAエンジニアになることができます。

また、今後のRPA開発ではAIの知識がある人材が重宝されるようになるので、RPAとAIを組み合わせた「RPAI」の動向を追いつつ、キャッチアップされることをおすすめします。