フリーランス仕事一覧 PR

フリーランスのRubyエンジニアになるには?案件獲得方法を解説

フリーランスのRubyエンジニアとして独立を目指しているものの、案件の獲得方法や営業力に不安を抱えていませんか?

私自身もそのような不安を抱えたまま独立しましたが、フリーランスエージェントを活用することで継続案件を獲得でき、今年で独立6年目(フリーランス2年→法人4期目)を迎えます。

フリーランスエージェントに掲載されているRuby案件をのぞくと、「フルリモートOK」「週2から参画可能」「エンド直請け月単価100万円以上」のような開発案件が豊富に見つかります。

この記事では、Rubyのフリーランス案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場、将来性について解説します。

おすすめフリーランスエージェント

Rubyのフリーランス案件をお探しの方は、レバテックフリーランス・ITプロパートナーズの活用がおすすめ。

サービス名 特徴・おすすめ理由
レバテックフリーランス 案件数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーエンジニア専門エージェント。
週2〜5日常駐でがっつり稼げる案件が豊富で、利用者の平均年収は862万円と業界最高水準。
ITプロパートナーズ 週3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。
スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点もおすすめ。

Rubyのフリーランス案件における単価相場・求人動向

フリーランスエンジニア専用エージェントである『レバテックフリーランス』でRuby案件を検索すると約760件の案件がヒットし、月平均単価は約80万円/月でした。最高単価は125万円、最低単価は39万円です。

Ruby案件で高単価を狙うには、以下の経験があると望ましいです。

・参画先の業界や業務に関わった経験
参画先企業の業界や業務内容に関して、深い知識や実務経験があると単価が上がりやすくなります。

・上流工程やマネジメントの経験
要件定義やシステム設計など、いわゆる上流工程の実務経験は高単価につながりやすいです。スケジュール管理やマネジメント業務に従事した経験があれば、さらなる単価アップが見込めます。

・Rubyフレームワークによる開発経験
Rubyを用いた開発で主に使われるフレームワークは「Ruby on Rails」や「waves」「Sinatra」「Merb」などがありますが主流はRuby on Railsです。

Rubyのフリーランス案件を獲得する方法

フリーランスRubyエンジニアが案件を獲得するためには、フリーエンジニア専門エージェントに登録することが最も効率的です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、エージェントや代理店を利用せず、自力で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にエージェントを利用することをおすすめします。

レバテックフリーランス | 週2〜5日稼働の常駐案件がメイン

レバテックフリーランス』は、東京では頭一つ抜けた存在のエージェントで、最近では大阪、名古屋、福岡にも拠点が増え案件数も増加しています。フリーエンジニア向けのエージェントとしては、間違いなく知名度も人気も業界No1です。

フリーランスのRubyエンジニア向けの案件は約770件掲載されています。週5日常駐の高単価案件に加え、週2〜3日から稼働可能で、フルリモートOKな案件も豊富に見つかりました。

キャリア面談や入念な選考対策はもちろんのこと、案件参画後のサポートも手厚いので、初めてフリーランスになる方にレバテックフリーランスはおすすめです。

ITプロパートナーズ | 週3日・フルリモートで稼働できる案件が豊富

ITプロパートナーズはITフリーランス専門のエージェントであり、フルリモート可能で週3日から稼働できるフレキシブルな案件を数多く取り扱っています。

週5日常駐以外の案件はどうしても単価が低くなりがちですが、ITプロパートナーズは商流を挟まないエンド直案件が9割なので高単価案件が多いです。

ITプロパートナーズのマイページにログインして、フリーワードで「Ruby」と検索すると、725件の案件がヒットしました。単価としては、60万円〜100万円/月のレンジの案件が多いです。

Rubyエンジニアのフリーランス案件例

フリーランスエージェントに掲載されているRubyのフリーランス案件例をご紹介します。

月単価100万円を超えるRubyのフリーランス案件例

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「月単価100万円以上」のフリーランス案件です。

案件名 【Ruby/React/Solidity】Web3関連新規サービス開発の求人・案件
想定月収 1,150,000円/月
業務内容 具体的には下記の作業をご担当いただきます。
-Web3関連技術のリサーチ
-Web3領域における新しい技術領域のキャッチアップ
-各種ブロックチェーンおよび
スマートコントラクトにおける技術領域の深堀り
-Web3関連サービスおよび
スマートコントラクトの開発、運用
求めるスキル  -Ruby on Railsを用いたWebバックエンド開発経験
-Reactを用いたWebフロントエンド開発経験
-Solidityを用いたスマートコントラクト開発経験
-AWSを用いたインフラ構築経験

週3日稼働できるRubyのフリーランス案件例

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週3日の稼働でも参画できる」フリーランス案件です。

案件名 【Ruby on Rails/AWS】D2C向け拡張ツール開発/運用におけるエンジニアの案件・求人
想定月収 〜400,000円
業務内容 マーケティングDX事業部の運用・保守チームにて信頼性・安定性向上施策の実施をいただきます。
‐新規機能開発
‐保守運用、リファクタリング等
求めるスキル ・Ruby on Railsでの開発経験3年以上
・AWS環境下での開発経験

フルリモートで稼働できるRubyのフリーランス案件例

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「フルリモートOK」なフリーランス案件です。

案件名 【Ruby/フルリモート】情報通信業向け自社Webサービス開発支援の求人・案件
想定月収 〜1,000,000円/月
業務内容 具体的には下記作業をご担当いただきます。
-インフラ、データベースのシステム移行の
要件定義、計画、調整などのプロジェクマネジメント業務
-システム移行に伴うデプロイツールやビルドパイプラインの整備
-ログ基盤、オブザーバビリティ系基盤ツールの導入、整備
-開発案件のチケット作成
-開発案件の進捗管理、バックエンド開発
求めるスキル ・Rubyを用いた開発経験3年以上
・アジャイル開発系のプロジェクトマネジメント経験3年以上
・大規模サービスでの障害対応やパフォーマンス
チューニングなどの運用経験
・以下のスタイルのチーム開発経験3年以上
-Git、コードレビューを利用する
– ユニットテスト、E2Eテスト、CI/CD
– コードレビュー

レバテックフリーランスのサイト内検索で「フルリモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるRubyのフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

Rubyエンジニアの主な仕事内容

働きやすさ リモートOKな案件が豊富
平均年収 960万円
必須スキル HTML / CSS / JavaScript / ネットワーク / サーバー
フレームワーク Ruby on Rails / Sinatra / cuba microframework / Ramaze / HANAMI / Padrino
案件獲得方法 フリーエンジニア専門エージェント
ポイント Webシステム開発やサイト制作案件が豊富

フリーランスエージェントに掲載されているRuby案件をのぞくと、フルリモートOKでテレワーク的な働き方に理解がある案件が多くあります。

もちろん大規模なアプリケーション開発となれば、コミュニケーションを密にとるため駐在を求められることもありますが、基本的にはSlackやZoomでやり取りをしながらリモート開発することが多いです。

エージェントに掲載されているRuby案件としては以下のようなものがあります。

・Webシステム開発
・データ解析システム開発
・マーケティングシステム開発
・ファンクラブサイト制作
・ECサイト制作
・キュレーションサイト制作 etc.

上記の通り、Webシステム開発やサイト制作が多いRuby案件ですが、携わる機能によっては仕事内容が大きく異なるので、どの機能の開発を担当することになるかしっかり確認しておきましょう。

Rubyのフリーランス(業務委託)案件を探す上でよくある質問

初心者・実務未経験でもフリーランスのRuby案件を獲得できる?

実務経験がない状態から、フリーランスのRubyエンジニアとして独立を目指すのはほぼ不可能です。

なぜなら、Rubyのフリーランス案件に参画する際は、必須条件として「実務経験3年以上」のような開発経験を問われるからです。フリーランスは即戦力として現場に期待されるので、「未経験募集」の案件はほとんどありません。

なので、未経験からRubyエンジニアとして独立を目指すのであれば、まずは「未経験募集」の求人を出している企業に正社員として転職し、3年以上の実務経験を積んだ上で独立を目指すことをおすすめします。

Rubyエンジニアとして「未経験募集」の正社員求人をお探しの方は、IT業界やエンジニア求人に特化している『レバテックキャリア』がおすすめです。

在宅・リモートワーク可能なRuby案件はどうやって見つける?

フルリモート可能なフリーランスのRuby案件を獲得するには、フリーランスエージェントの利用が最もおすすめです。

特に『ITプロパートナーズ』は保有案件の7割がフルリモート可能な案件です。ITプロパートナーズのサイト内検索で「Ruby リモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

Rubyエンジニアがフリーランスとして独立するメリット・デメリットは?

Rubyエンジニアがフリーランスとして独立することで「業務内容は同じでも会社員より高い単価で働ける」「フルリモート可能な案件が多く柔軟に働ける」「仕事や一緒に働く人を自由に選びやすい」「煩わしい社内イベントに参加しなくてもいい」などのメリットがあります。

一方で、「収入が不安定になる」「社会的信用を得にくい」「確定申告や各種保険の手続きを行う必要がある」「業務委託の契約期間満了時のことを考えて、新規案件を開拓し続ける必要がある」あるなどデメリットもあります。

フリーランスとして働くRubyエンジニアの将来性は?

システムを自社で開発する企業や、スクラム開発をメインとする現場においてRubyを用いた開発の需要が伸びています。

Webアプリ開発だけでなく、業務システム開発やインフラ系の開発でもRubyエンジニアが歓迎されています。シンプルで簡単なのに、汎用性が高いことからIT業界だけでなく家電業界やゲーム業界など、さまざまな分野でRubyエンジニアの求人需要が高まっています。

また、Rubyエンジニアの活躍が期待される一方で、Rubyを用いた開発経験をもつエンジニア人口が少ないという現状があります。今のうちからRubyを習得し実務経験を積んでおけば、先行者利益で上流工程も任されやすくなるでしょう。

【2024年】Rubyの独学におすすめの本・参考書9選Rubyを独学したい方におすすめの本・参考書をランキング形式で9冊ご紹介します。...