フリーランス仕事一覧 PR

フリーランスのReactエンジニアになるには?案件獲得方法を解説

フリーランスのReactエンジニアとして独立を目指しているものの、案件の獲得方法や営業力に不安を抱えていませんか?

私自身もそのような不安を抱えたまま独立しましたが、フリーランスエージェントを活用することで継続案件を獲得でき、今年で独立6年目(フリーランス2年→法人4期目)を迎えます。

フリーランスエージェントに掲載されているReact案件をのぞくと、「フルリモートOK」「週2から参画可能」「エンド直請け月単価100万円以上」のような開発案件が豊富に見つかります。

この記事では、Reactのフリーランス案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場、将来性について解説します。

おすすめフリーランスエージェント

Reactのフリーランス・副業案件をお探しの方は、レバテックフリーランス・ITプロパートナーズの活用がおすすめ。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名 特徴・おすすめ理由
レバテックフリーランス 案件数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーエンジニア専門エージェント。
週2〜5日常駐でがっつり稼げる案件が豊富で、利用者の平均年収は862万円と業界最高水準。
ITプロパートナーズ 週3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。
スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点もおすすめ。

Reactのフリーランス案件における単価相場・求人動向

フリーランスエンジニア専門エージェントである『レバテックフリーランス』でReact案件を検索すると約3,500件の案件がヒットし、月平均単価は約77万円/月でした。最高単価は100万円、最低単価は55万円です。

Vue.jsの単価相場は70万円/月前後、jQueryは60万円/月前後なので、他のJavaScriptのライブラリやフレームワークの案件と比較すると、React案件は単価相場が高めです。

PHPやGo、Ruby on Railsなどのバックエンド開発に携わる言語を習得しておくことで、参画できる案件の選択肢をさらに広げることができます。

Reactのフリーランス案件を獲得する方法

フリーランスのReactエンジニアが案件を獲得するためには、フリーエンジニア専門エージェントに登録することが最も効率的です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、エージェントや代理店を利用せず、自力で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にエージェントを利用することをおすすめします。

レバテックフリーランス | 週2〜5日稼働の常駐案件がメイン

レバテックフリーランス』は、東京では頭一つ抜けた存在のエージェントで、最近では大阪、名古屋、福岡にも拠点が増え案件数も増加しています。フリーエンジニア向けのエージェントとしては、間違いなく知名度も人気も業界No1です。

フリーランスのReact案件は約3,500件掲載されています。週5日常駐の高単価案件に加え、週2〜3日から稼働可能で、フルリモートOKな案件も豊富に見つかりました。

キャリア面談や入念な選考対策はもちろんのこと、案件参画後のサポートも手厚いので、初めてフリーランスになる方にレバテックフリーランスはおすすめです。

ITプロパートナーズ | 週3日・フルリモートで稼働できる案件が豊富

運営会社 株式会社Hajimari
案件数 直案件保有数:約4,000件
※約7割がリモート案件
 ユーザー数 7万名以上
支払いサイト 20日
手数料(マージン) 非公開

ITプロパートナーズはITフリーランス専門のエージェントであり、フルリモート可能で週3日から稼働できるフレキシブルな案件を数多く取り扱っています。

週5日常駐以外の案件はどうしても単価が低くなりがちですが、ITプロパートナーズは商流を挟まないエンド直案件が9割なので高単価案件が多いです。

ITプロパートナーズのマイページにログインして、フリーワードで「React」と検索すると、約890件の案件がヒットしました。単価としては、30万円〜100万円/月のレンジの案件が多いです。

Reactのフリーランス案件例

フリーランスエージェントに掲載されているReactのフリーランス案件例をご紹介します。

月単価90万円を超えるReactのフリーランス案件例

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「月単価90万円以上」のフリーランス案件です。

案件名 【フロントエンド(React)】SPA開発の求人・案件
想定月収 950,000円/月
業務内容 TypeScript/Reactを用いたSPAのフロントエンド開発に携わっていただきます。主に下記作業をご担当いただきます。
-設計、開発、テスト、運用保守
-プロダクトのフロントエンド作業全般
-プロダクトのリプレースに向けた設計・開発
-コードレビュー
-画面のデザイン、UI/UXの改善
求めるスキル ・TypeScriptを用いた実務経験
・ReactでのSPA実装経験
・HTML、CSS等の基本的なフロントエンドの知識
・Gitでのチーム開発経験

週3日稼働できるReactのフリーランス案件例

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週3日の稼働でも参画できる」フリーランス案件です。

案件名 【React.js/Next.js】エンタメ系企業にてフロントエンドエンジニアの案件・求人
想定月収 〜700,000円
業務内容 ・プロダクトマネージャー、デザイナーと協力しプロダクト開発を推進
・アジャイル開発に沿った高速なプロダクト開発
・Next.js(Typescript)を使用したWebフロントエンド開発
・アプリケーションの要件に基づいたアーキテクチャ設計
・CI/CD構築および保守運用
求めるスキル ・Next.js x TypeScriptでの開発経験3年以上
・クライアントや社内関係者との仕様調整

フルリモートで稼働できるReactのフリーランス案件例

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「フルリモートで稼働できる」フリーランス案件です。

案件名 【Ruby/React】動画配信プラットフォーム開発の求人・案件
想定月収 〜950,000円
業務内容 動画配信システムの開発作業をメインにお任せいたします。
求めるスキル ・サーバーサイドの開発経験5年以上
・Rubyを用いた開発経験3年以上
・Reactを用いた開発経験
・Webサービスの開発経験
Reactの副業案件を獲得するには?土日・週1〜2日案件の探し方Reactエンジニアは、フルリモートOK、週1日の稼働でOKな副業案件が豊富なので、平日の夜や土日を有効活用すれば会社員の方でも副業可能です。...

Reactエンジニアの主な仕事内容

働きやすさ 常駐案件がメイン
平均単価 77万円/月(エージェント利用者)
案件獲得方法 フリーエンジニア専門エージェント
ポイント Web開発において求人需要が高いJavaScriptライブラリ

Reactは、仮想DOMを設計する仕組みを備えたJavaScriptのViewライブラリです。Facebook社が開発するライブラリであり、効率的にWebサービスを開発できます。

近年、フロントエンドエンジニアの求人需要が高まってきており、Reactを扱うエンジニアはフロントエンド周りのコーディングが主な業務となります。

様々なライブラリやフレームワークがあるJavaScriptの中でも、Reactは比較的新しいライブラリです。APIが洗練されており、ベンチャー企業やスタートアップをはじめとした多くの企業でReactが採用されています。

Reactのフリーランス(業務委託)案件を探す上でよくある質問

初心者・実務未経験でもフリーランスのReact案件を獲得できる?

実務経験がない状態から、フリーランスのReactエンジニアとして独立を目指すのはほぼ不可能です。

なぜなら、Reactのフリーランス案件に参画する際は、必須条件として「実務経験3年以上」のような開発経験を問われるからです。フリーランスは即戦力として現場に期待されるので、「未経験募集」の案件はほとんどありません。

なので、未経験からReactエンジニアとして独立を目指すのであれば、まずは「未経験募集」の求人を出している企業に正社員として転職し、3年以上の実務経験を積んだ上で独立を目指すことをおすすめします。

Reactエンジニアとして「未経験募集」の正社員求人をお探しの方は、IT業界やエンジニア求人に特化している『レバテックキャリア』がおすすめです。

在宅・リモートワーク可能なReact案件はどうやって見つける?

フルリモート可能なフリーランスのReact案件を獲得するには、フリーランスエージェントの利用が最もおすすめです。

特に『ITプロパートナーズ』は保有案件の7割がフルリモート可能な案件です。ITプロパートナーズのサイト内検索で「React リモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

Reactエンジニアがフリーランスとして独立するメリット・デメリットは?

Reactエンジニアがフリーランスとして独立することで「業務内容は同じでも会社員より高い単価で働ける」「フルリモート可能な案件が多く柔軟に働ける」「仕事や一緒に働く人を自由に選びやすい」「煩わしい社内イベントに参加しなくてもいい」などのメリットがあります。

一方で、「収入が不安定になる」「社会的信用を得にくい」「確定申告や各種保険の手続きを行う必要がある」「業務委託の契約期間満了時のことを考えて、新規案件を開拓し続ける必要がある」あるなどデメリットもあります。

フリーランスとして働くReactエンジニアの将来性は?

Reactは、その導入・改造・管理の容易さから多くのフロントエンドエンジニアに支持されているJavaScriptライブラリです。

米Meta社による定期的なアップデートがあり、Reactの適用が従来のフロントエンドから、スマホアプリ開発、AR/VRまで広がっています。今後、VRコンテンツの需要が高まっていく可能性を考えると、将来性に期待が持てます。

また、Meta社はReactで多種多様な開発ができることを目標に掲げているので、Reactエンジニアの活躍の場はさらに広がると予想できます。

一方で、現時点で日本でReactを扱えるエンジニアはまだまだ少ないです。今のうちからReactを習得し実務経験を積んでおけば、先行者利益で上流工程も任されやすくなるでしょう。

ABOUT ME
辻本拓磨
当メディア監修者。フリーランスのWebマーケター・コンサルタント。 同志社卒→リクルート→フリーランス2年→法人4期目 | フリーランス専門シェアハウス「ノマド家」を茅ヶ崎で運営中。