フリーランス仕事一覧 PR

フリーランスのグラフィックデザイナーになるには?案件獲得方法を解説

フリーランスのグラフィックデザイナーとして独立を考えているものの、案件の獲得方法や営業力に不安を抱えていませんか?

私自身もそのような不安を抱えたまま独立しましたが、フリーランスエージェントを活用することで継続案件を獲得でき、今年で独立6年目(フリーランス2年→法人4期目)を迎えます。

フリーランスエージェントに掲載されているグラフィックデザイナーの案件をのぞくと、「フルリモートOK」「週2から参画可能」「エンド直請け月単価80万円以上」のような案件が豊富に見つかります。

この記事では、グラフィックデザイナーのフリーランス案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場、将来性について解説します。

おすすめフリーランスエージェント

グラフィックデザイナーのフリーランス案件をお探しの方は、レバテッククリエイター・ITプロパートナーズの活用がおすすめ。

サービス名 特徴・おすすめ理由
レバテッククリエイター
デザイナー・クリエイター専門のフリーランスエージェント。案件数は業界No1。イラスト制作やWebデザイン、グラフィックデザイン、コーディング、ディレクションまで様々な案件を保有。
ITプロパートナーズ 週3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。
スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点も好評。

グラフィックデザイナーのフリーランス案件における単価相場

フリーランスとして独立後すぐの年収は400万円くらいが相場です。一方で、実務経験が豊富で、フリーランス専門エージェントとうまくお付き合いできている方は、年収1,000万円以上になるケースも多いです。

グラフィックデザインの単価相場は以下の通りです。

項目 単価相場
企画・プランニング 1万〜10万円
デザイン費 1万〜10万円
修正費 デザイン費の20%〜40%
印刷費 10円〜150円/部
その他費用 キャッチコピー制作費:3万円〜6万円
取材・撮影費:3万円〜8万円

媒体別のグラフィックデザインの単価相場は以下の通りです。

制作物 単価相場
ロゴ 30,000円〜200,000円
名刺 7,000円〜50,000円
DM・ハガキ 20,000円〜60,000円
フライヤー・チラシ 20,000円〜90,000円
ポスター 50,000円〜180,000円
パンフ・カタログ 20,000円〜70,000円/ページ

フリーランスのグラフィックデザイナーとして年収を上げるには、SNSのような多くの人の目に触れる場所に、自分の作品やポートフォリオを露出すことが大切です。

グラフィックデザイナーが副業案件を獲得するには?土日・週1〜2日案件の探し方グラフィックデザイナーは、フルリモートOK、週2日の稼働でOKな副業案件が豊富なので、平日の夜や土日を有効活用すれば会社員の方でも副業可能です。...

グラフィックデザイナーがフリーランス案件を獲得する方法

フリーランスのグラフィックデザイナーが案件を獲得するためには、フリーランスエージェントに登録することが最も有効です。

特に、デザイナー・クリエイター専門のフリーランスエージェントであるレバテッククリエイター・ITプロパートナーズがおすすめです。

レバテッククリエイター | 業界最大級のクリエイター案件を保有

総合評価
運営会社 レバテック株式会社
最高単価 115万円
サポート内容 案件提案 / キャリア相談 / 単価交渉 / 福利厚生
案件数 約5,000件
支払いサイト 月末締め翌月15日支払い
手数料 非公開

レバテッククリエイター』は、グラフィックデザイナーを始めとしたクリエイター向けの案件数が業界No1です。

一口にクリエイターと言っても、扱っている職種は幅広く、現時点で以下の22職種の案件を保有しています。

取り扱い職種

Webデザイナー / HTMLコーダー / UI・UXデザイナー / フロントエンドエンジニア / Flashクリエイター / 2Dデザイナー / キャラクターデザイナー / イラストレーター / アニメーター / DTPデザイナー / 3Dデザイナー / モーションデザイナー / エフェクトデザイナー / Webディレクター / ゲームディレクター / アートディレクター / クリエイティブディレクター / Webプロデューサー / ゲームプロデューサー / ゲームプランナー / シナリオライター / グラフィックデザイナー

イラスト制作からグラフィックデザイン、コーディングを始め、ディレクション、プランニングまで様々な業務委託案件、派遣求人を保有しています。

・業界最大級の案件保有数(5,000社以上)

・デザイナーとして高い専門性を持つコーディネーターが在籍

・利用者満足度92.6%

・契約更新率90%超

ITプロパートナーズ | フルリモートOK・週3日から稼働できる案件が豊富

総合評価
運営会社 株式会社Hajimari
対象スキル Photoshop / Illustrator / Figma / After Effects / Sketch / Maya
福利厚生 確定申告サポート / 賠償責任保証など
取引企業数 約3,000社(約7割がリモート案件)
支払いサイト 20日
手数料 非公開

ITプロパートナーズはITフリーランス専門のエージェントであり、フルリモート可能で週3日から稼働できるフレキシブルな案件を数多く取り扱っています。

週5日常駐以外の案件はどうしても単価が低くなりがちですが、ITプロパートナーズは商流を挟まないエンド直案件が9割なので高単価案件が多いです。

ITプロパートナーズのマイページにログインして、フリーワードで「デザイナー」と検索すると、約140件の案件がヒットしました。単価としては、40万円〜70万円/月のレンジの案件が多かったです。

自由度の高い働き方をしたいフリーランスや、フリーランス案件を掛け持ちしたい方、受託で稼ぎつつ自社サービスの開発準備をしたい起業家にもおすすめです。

・リモートワーク可能な案件数が業界最多

・エンド直の案件がメインなので高単価

・スタートアップやベンチャー企業の求人が豊富

・自由度の高い働き方をしたいフリーランスにおすすめ

グラフィックデザイナーのフリーランス案件例

フリーランスエージェントに掲載されているグラフィックデザイナーのフリーランス案件例をご紹介します。

月単価70万円以上のフリーランス案件

以下は『レバテッククリエイター』に掲載されている「月単価70万円以上」のフリーランス案件です。

案件名 【DTP/バナーデザイン】コミュニケーションデザイナーの求人・案件
想定月収 750,000円/月
業務内容 主に下記作業をご担当いただきます。
-画像制作/調整
-ビザスクエアバナー(ドキュメント、テンプレあり)
-新入社員のポートフォリオ調整(ドキュメントあり)
-ビザスクエア本文の画像調整
-印刷物の制作/修正作業
-展示会などで使用する大型看板のDTP業務
-リーフレットなどの印刷物のデータ調整
求めるスキル ・illustratorとPhotoshopなどのデザインツールの使用経験
・DTPなど印刷物のデザイン制作経験(1年以上)
・制作過程において、デザインに関する意思決定や合意形成の経験【歓迎スキル】 ・チームでの制作経験
・WordPressで構築されたサイトのデザインと運用経験
・Webサイトのコンバージョンなどの数値分析経験
・BtoBマーケティングの知見と経験
・グラフィックやイラストレーションの経験
・動画制作の経験

週2日稼働できるフリーランス案件例

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週2日の稼働でも参画できる」フリーランス案件です。

案件名 【Adobe XD/クリエイティブ】広告代理店におけるグラフィックデザイナーの案件・求人
想定月収 〜600,000円
週稼働日数 週2日
業務内容 ・顧客とのヒアリング
・デザインイメージの作成
・デザインの作成
求めるスキル ・ToB、ToC訴求クリエイティブ作成経験

フルリモートで稼働できるフリーランス案件例

以下は『レバテッククリエイター』に掲載されている「フルリモートOK」なフリーランス案件です。

案件名 【遊技機向け】グラフィックデザインの求人・案件
想定時給 〜550,000円/月
業務内容 ・遊技機向けのグラフィックデザインをご担当いただきます。
・具体的には下記作業を想定しています。
-ロゴやバナーデザインの案出し、制作
-外注管理
求めるスキル PhotoshopやIllustratorを用いた遊技機関連のグラフィックデザイン制作経験

レバテッククリエイターのサイト内検索で「フルリモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

グラフィックデザイナーの主な仕事内容

働きやすさ リモートOKな案件が豊富
平均年収 400万円
必須スキル ヒアリング・提案力 / Photoshop / Illustrator / デザイン理論
案件獲得方法 フリーランス専門エージェント / 広告代理店やWeb制作会社の下請け
ポイント フリーランスとして案件を獲得するには実務経験3年以上必要

グラフィックデザイナーとは、パンフレットや雑誌のような紙媒体や、Webサイトに載せるグラフィックのデザインを行う職業です。一般的に、広告代理店やWeb制作会社、企業の広報部や制作部などが活躍の場となります。

グラフィックデザイナーの仕事内容としは、クライアントの要望をヒアリングし、訴求すべきターゲット層にマッチするデザインを考案・制作することです。経験豊富なグラフィックデザイナーは、テレビCMなどの大規模なプロジェクトに関わることも多いです。

IT・Web市場が大きく拡大していく中、Webにおけるグラフィック表現の需要は飛躍的に伸びています。一方で、紙媒体を中心に仕事をしてきたグラフィックデザイナーは、キャリアプランの変更などなんらかの対応が迫られています。

グラフィックデザイナーがフリーランスを目指す上でよくある質問

初心者・実務未経験のグラフィックデザイナーでもフリーランス案件を獲得できる?

実務未経験の状態で、フリーランスのグラフィックデザイナーとして独立を目指すのはほぼ不可能です。

なぜなら、グラフィックデザイナーのフリーランス案件に参画する際は、必須条件として「実務経験3年以上」のような実務経験を問われるからです。フリーランスは即戦力として現場に期待されるので、「未経験募集」の案件はほとんどありません。

なので、未経験からグラフィックデザイナーとして独立を目指すのであれば、まずは「未経験募集」の求人を出している企業に正社員として転職し、3年以上の実務経験を積んだ上で独立を目指すことをおすすめします。

在宅・リモート可能なグラフィックデザイナーのフリーランス案件はどのように探す?

フルリモート可能なグラフィックデザイナーのフリーランス案件を獲得するには、フリーランスエージェントの利用が最もおすすめです。

特に『ITプロパートナーズ』は保有案件の7割がフルリモート可能な案件です。ITプロパートナーズのサイト内検索で「グラフィックデザイナー リモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

グラフィックデザイナーがフリーランスとして独立するメリット・デメリットは?

グラフィックデザイナーがフリーランスとして独立することで「業務内容は同じでも会社員より高い単価で働ける」「フルリモート可能な案件が多く柔軟に働ける」「煩わしい社内イベントに参加しなくてもいい」などのメリットがあります。

一方で「社会的信用を得にくい」「確定申告や各種保険の手続きを行う必要がある」「業務委託の契約期間満了時のことを考えて、新規案件を開拓し続ける必要がある」などデメリットもあります。

フリーランスとして働くグラフィックデザイナーの将来性は?

IT・Web市場が大きく拡大していく中、Webにおけるグラフィック表現の需要は飛躍的に伸びています。ゲームやアニメ、広告などグラフィックデザインを扱うコンテンツがある限り、グラフィックデザイナーの仕事がなくなることはありません。

一方で、2022年に登場したMidjourneyのような画像生成AIの登場で、AIにオリジナルの画像イメージを出力させることが可能になり、イラストやグラフィックデザインにおけるコスト削減につながることが期待されいます。

その影響で、現役のグラフィックデザイナーからは自分たちの仕事を奪う技術として、その危険性を指摘する声も大きいです。

一方で、MidjourneyやChatGPT自体も、運用に関するグラフィックデザイナーの手腕が必要です。画像生成AIとグラフィックデザイナーは相補的な関係にあり、上手く活用できればグラフィックデザイナーとしての生産性・市場価値を高めることができるでしょう。

ABOUT ME
辻本拓磨
当メディア監修者。フリーランスのWebマーケター・コンサルタント。 同志社卒→リクルート→フリーランス2年→法人4期目 | フリーランス専門シェアハウス「ノマド家」を茅ヶ崎で運営中。