フリーランスエージェント PR

【2024年】エンジニアファクトリーの口コミ・評判や体験談を徹底調査

エンジニアファクトリーはフリーエンジニア専門のエージェントで、他社では公開していない条件の良い非公開案件を多く取り扱っています。

エンジニアファクトリーの評判について、実際に利用したユーザーの口コミや独自アンケートの結果をもとに、メリット•デメリットを徹底検証していきます。

【編集長おすすめエージェント】

フリーランスとして6年以上活動し、実際に5社フリーランスエージェントを利用した筆者がおすすめするフリーランスエージェントは以下の2社。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
レバテックフリーランス
エンジニアの登録者数No1のフリーランスエージェント。
週2〜5日常駐でがっつり稼げる開発案件が豊富。利用者の平均年収は862万円と業界最高水準。
【第2位】
ITプロパートナーズ
週3日の参画でOK、フルリモートOKなど、柔軟な働き方ができる案件数は業界No1。9割がエンド直案件なので、フルリモートでも高単価を実現。

エンジニアファクトリーのサポート内容や案件の特徴

運営会社 アイムファクトリー株式会社
平均月単価 76万円
対象職種 ITエンジニア / プログラマー / Webデザイナー
紹介可能都市 東京 / 埼玉 / 神奈川 / 千葉 / 大阪 / 京都 / 兵庫
案件数 約5,600件
手数料 非公開
支払いサイト 月末締め翌々月末支払い

エンジニアファクトリー』は、アイムファクトリー株式会社が運営するフリーエンジニア専門のエージェントです。

非公開案件数は3,000件以上とかなり多く、案件の平均単価は76万円/月とかなり高額です。初回登録から30日以内に受注できる割合も72%とかなり高い水準です。また、実務経験1年以上なら案件を紹介してもらえる点も魅了的です。

・フリーエンジニア専門エージェント

・平均単価は76万円/月とかなり高額

・初回登録から30日以内に受注できる確率は72%

口コミ・評判から分かるエンジニアファクトリーのメリット

エンジニアファクトリーを活用するメリットは以下の4点です。

それでは、順に見ていきましょう。

条件の良い非公開案件が多い

エンジニアファクトリーはクライアント企業とのつながりが強く、他には公開していない条件の良い非公開案件を多く取り扱っています。

また、非公開案件の中には大手企業の案件や、今勢いがあるベンチャー企業の案件も多いので、そのような企業とのつながりを持てるのはフリーエンジニアにとっては大きなメリットです。

エンド直請けの高単価案件が豊富

エンジニアファクトリーは、エンド直請け案件をメインに取り扱っています。エンド直請けとは、間に仲介業者を挟まず、参画先の企業と直接取引することです。

エンド直請けは余計なマージンが取られず、その分参画しているフリーランスに還元されるので、高単価になりやすいです。

エンジニアファクトリーで紹介されている案件の平均月額は76万円となっており、この数値からも高単価案件が多いことがわかります。

年代が高めの方でも利用できる

多くのフリーランス専門エージェントでは年齢制限を設けていて、ベテランフリーランスは利用しにくい風潮がありますが、エンジニアファクトリーの利用者は40代の方が多いです。

スキルや経験値が高い40代以上のフリーランスには、好条件の非公開案件が紹介される確率も高く、年齢が高くても安心して利用できます。

案件が途切れることが少ない

フリーランスエンジニアの場合、案件が終了すると収入が途絶えてしまい、生活が不安定になってしまいます。

エンジニアファクトリーはアフターフォローがかなり充実していて、担当者が案件の終了時期を把握しているので、終了時期には新たな案件が決まっている事が多いです。契約満了時の再受注率も93%とかなり高い水準です。

口コミ・評判から分かるエンジニアファクトリーのデメリット

エンジニアファクトリーを活用するデメリットは以下の2点です。

それでは、順に見ていきましょう。

実務経験が浅い方への案件紹介が難しい

エンジニアファクトリーは、高単価案件が魅力のひとつです。一方で、高単価案件を発注してもらうためには、高い技術力と経験が必要です。

エンジニアとしての実務経験が1年未満の方は、レバテックに登録はできても案件を紹介してもらうことは難しいです。実務未経験でのフリーランス転身は、案件の獲得や単価交渉が難しくおすすめできません。

なので、実務経験や実績を積むためにまずは『レバテックキャリア』をはじめとしたIT転職エージェントを活用し、会社員として1年以上の実務経験を積んでから独立することをおすすめします。

週2日~3日から参画できる案件が少ない

エンジニアファクトリーの案件は週5常駐の案件が多く、柔軟な働き方ができる案件は少ないです。

もし、週2〜3日の参画でOK、リモートワークOKな案件をお探しの方は、取り扱っている案件の7割がリモート案件である『ITプロパートナーズ』の活用をおすすめします。

私がフリーランスとして独立した当初は、ITプロパートナーズで週3日稼働40万円/月のリモート案件をライスワークとし、残りの週4日で自社サービスの立ち上げに注力していました。

【2024年】おすすめのフリーランスエージェント17社を徹底比較この記事では、フリーランスの中でも特に人気の職種である、エンジニア・デザイナー・ディレクター・コンサルタント向けのフリーランス専門エージェントを厳選してご紹介します。...

エンジニアファクトリーの評判・口コミまとめ

実際に、エンジニアファクトリーを利用しているユーザーの、口コミサイトに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

エンジニアファクトリーのポジティブな評判で多かったのは「ヒアリングが丁寧で希望に合った案件を紹介してもらえた」「高単価な案件を紹介してもらえた」という口コミです。

フリーランスエンジニアとして活動していましたが、なかなか仕事を見つけるのが難しくエンジニアファクトリーに登録しました。希望に合ったプロジェクトを紹介してくれるので助かっています。

スキルなども考慮して紹介してくれるので、自分のレベルに合ったプロジェクトに参加できました。(20代・男性)

(引用:ノマド家調査)

企業でエンジニアとして働いていましたが、フリーランスになりたいと思い、フリーのエンジニアに特化していると評判のエンジニアファクトリーを利用しました。

自分の希望に合った案件を紹介してもらって、フリーランスとしての活動を始めることができました。(20代・男性)

(引用:ノマド家調査)

年収をアップさせたいと思い、エンジニアファクトリーを選びました。もともと高単価案件が多いのも嬉しいですし、中間マージンが取られないので以前よりも大幅な年収をアップを実現できました。

プロジェクトが終わる前に次の案件を紹介してもらえるので、仕事が途切れることがなく継続して収入を得れています。(30代・男性)

(引用:ノマド家調査)

悪い評判・口コミ

ポジティブな口コミが大半でしたが、一部「連絡がこない」「担当者の対応が悪い」といったネガティブな口コミも見受けられました。

何件かエージェントを利用していますが、その中でも最低でした。登録してから20社ほど応募してみましたが全く反応がありません。企業担当や自分の担当エージェントにメッセージを送ってみましたが、それすら無視されている状態です。

(引用:ノマド家調査)

公開案件の中に興味を引かれるものがあったので会員登録しましたが、居住地域などの問題により、希望通りにはいきませんでした。

都内に住んでいる場合は、面談をはじめバックアップ体制が整っていますし、案件も数多くあると思いますが、地方になると難しくなります。

(引用:ノマド家調査)

エンジニアファクトリーはどんな人におすすめ?

週5常駐でがっつり稼ぎたい方

週5常駐でがっつり働いて稼ぎたい方にエンジニアファクトリーは最適です。ちなみに、「週5常駐だとサラリーマンと変わらないよ・・・」と考えるフリーランスの方も多いですが、リモートや週4日以下の勤務と比べるとかなり高額報酬になります。

フリーランスとして週5常駐することで、サラリーマン時代の収入の2〜3倍になることもざらにあります。

週3〜5日常駐でがっつり稼ぎたい方は『レバテックフリーランス』も合わせて活用することをおすすめします。

ベテランエンジニア・フリーランスの方

エンジニアファクトリーには年齢制限がないので、ベテランの方でも利用できます。50歳以上になると登録できないエージェントって多いんですよね。

エンジニアファクトリーにはベテランフリーランスしか対応できない案件が多く、技術顧問など専門性が求められる案件が豊富です。

よくある質問

登録面談はどこで行われますか?

・本社面談ルーム(東京メトロ有楽町線「麹町駅」3番出口より徒歩2分)
・大阪支社面談ルーム(JR環状線「福島駅」より徒歩5分)
もちろんスーツ等の着用は必要ありません。気軽な格好でお越しください。

平日は仕事で面談の時間が取りづらいのですが…。

面談は平日に加えて土曜日も対応可能です。平日10:00~20:30開始に加え、土曜日10:00~19:00開始まで承っております。
また、お電話やwebでの面談や、ご自宅や勤務地の最寄り駅(東京23区内・大阪市内)まで出張面談も可能です。

地方在住で面談場所まで行くのが難しいのですが…。

Webもしくはお電話によるオンライン面談をご利用いただけます。
地方または海外在住で、なかなか面談場所まで行くことができない方はWebによる オンライン面談をご用意しています。

担当のキャリアコンサルタントはどのようにして決まるのですか?

ご登録者様のご経験業界やご経験職種に合わせて、最適なコンサルタントを決定いたします。金融系、パッケージ開発、Webサービスなど既存の巨大市場から、IoT、ロボット、AIなど次世代技術まで幅広いコンサルタントが在籍しています。

正社員として働きたくなった場合のサポートはありますか?

当社はITエンジニアの転職業界に携わって10年以上の実績がございます。フリーランスと正社員の両方に対応可能なため、正社員転職をお考えの方がフリーエンジニアに切り替えてくるケースもございます。

登録から業務開始までの流れ

この章では、エンジニアファクトリーに会員登録してから業務を開始するまでの流れを、4ステップで解説します。

会員登録

エンジニアファクトリーを利用するには、まずは『公式サイト』から無料で会員登録する必要があります。

氏名やメールアドレス、生年月日、お住まいの都道府県、職種・スキルなどの基本情報を登録します。必要最低限の項目なので登録は1分ほどで完了します。

登録が完了すると、担当者から連絡がくるので、面談・カウンセリングに進みます。会員登録後、公開中の案件に関しては募集要項を確認できるのでチェックしておきましょう。

エージェントと面談

エージェントとの面談は、電話またはエンジニアファクトリーのオフィスにて対面で行われます。

面談では、これまでの経歴や今後のキャリアプランをヒアリングされるほか、希望の単価や働き方(リモートor常駐)、参画開始日、稼働日数をヒアリングされるので、事前に話す内容をまとめておきましょう。

案件紹介・企業と面接

面談時のヒアリング内容をもとに、自分の希望条件に合ったフリーランス案件を紹介してもらえます。

参画したい案件があれば、エンジニアファクトリーの担当者から企業に推薦され、企業担当者との面談に進みます。面談日の日程調整は担当者が行なってくれます。

契約の締結・業務開始

面談後、内定がもらえた場合は業務委託の契約手続きに進みます。参画開始日や単価、働き方などの希望条件については、エンジニアファクトリー担当者が企業に交渉してくれます。

希望条件について企業と合意できれば業務委託契約を締結し、クライアント企業での業務が開始されます。

案件参画中も、エンジニアファクトリー担当者による定期的なフォローがあり、仕事内容や職場について気になる点はいつでも相談できます。

ABOUT ME
辻本拓磨
当メディア監修者。フリーランスのWebマーケター・コンサルタント。 同志社卒→リクルート→フリーランス2年→法人4期目 | フリーランス専門シェアハウス「ノマド家」を茅ヶ崎で運営中。