土日・週2で稼げる副業 PR

Djangoの副業案件を獲得するには?土日・週1〜2日案件の探し方

Djangoエンジニアとして副業にチャレンジしたいものの、案件の獲得方法や営業力に不安を感じていませんか?

私自身もそのような不安を抱えたまま副業を始めましたが、フリーランスエージェントを活用することで継続案件を獲得でき、今年でフリーランス6年目を迎えます。

フリーランスエージェントに掲載されているDjango案件をのぞくと、「週1〜2日(土日)でも参画可能」「フルリモートOK」のような副業案件が豊富に見つかります。

この記事では、Djangoの副業案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場、将来性について解説します。

【おすすめ副業エージェント】

Djangoの副業案件をお探しの方は、ITプロパートナーズ・レバテックフリーランスの活用がおすすめ。フルリモートOK・週2日の参画でOKな副業案件が豊富。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
ITプロパートナーズ
週2日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点も好評。
【第2位】
レバテックフリーランス
求人数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーランスエージェント。
週2の参画でOK、フルリモートOKなど柔軟な働き方ができる案件も豊富。

Djangoエンジニアの副業内容・単価相場

Django(ジャンゴ)は、Pythonの主要なフレームワークの1つです。Webアプリケーションの開発に利用され多くの企業が採用しています。

Djangoエンジニアの副業案件に多い仕事内容は以下の通りです。

WEBアプリケーション開発:Webアプリケーションを構築します。データベースの操作やユーザーインターフェースの設計などが含まれます。

システム開発:Djangoを活用してシステムの一部や全体を開発します。

システム保守・運用:既存のDjangoアプリケーションの保守や運用を担当します。バグの修正やアップデートなどが含まれます。

フリーランスとして働くDjangoエンジニアの月平均単価は約71万円です。Webアプリケーションや機械学習の開発案件が多く、将来性が非常に高いフレームワークです。

Djangoの副業案件を獲得する方法

フリーランスエージェントを活用する

Djangoエンジニアが営業工数をかけず、かつ安定して副業案件を獲得するには、フリーランスエージェントを活用することが最も有効です。

Djangoの副業案件が豊富なフリーランスエージェントを厳選して2社ご紹介します。

ITプロパートナーズ | 高単価・自社開発・フレキシブルな案件が豊富

ITプロパートナーズ』は、週2日から参画できる案件数は業界でもトップクラスで、さらにリモートや時間がフレキシブルな案件を数多く取り揃えています。

ITプロパートナーズのマイページにログインして、フリーワードで「Django」と検索すると、約50件の案件がヒットしました。単価としては、40万円〜90万円/月のレンジの案件が多いです。

週2日稼働OK、フルリモートOKなどの案件は、どうしても単価が低くなりがちですが、ITプロパートナーズはエンド直の案件がメインなので高単価な案件が多いです。

・リモートワーク可能な案件数が業界最多

・週2日の稼働でOKな時短案件も豊富

・エンド直の案件がメインなので高単価

・スタートアップやベンチャー企業の求人が豊富

レバテックフリーランス | 土日・週1〜2日でも稼働できる案件が豊富

レバテックフリーランス』は、求人数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーランスエージェントです。

Djangoの副業案件は約540件掲載されています。週1〜2日(中には土日も可)でも稼働可能な案件や、フルリモートOKな案件も豊富に見つかりました。

キャリア面談や入念な選考対策はもちろんのこと、案件参画後のサポートも手厚いので、初めてフリーランスになる方にレバテックフリーランスはおすすめです。

Djangoの副業案件例(業務内容・単価・必須スキル)

フリーランスエージェントに掲載されているDjangoの副業案件をご紹介します。

週1日稼働できるDjangoの副業案件

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週1日の稼働でも参画できる」副業案件です。

案件名 【Python/Django】サイトのエラー改修におけるエンジニアの案件・求人
想定月収 〜190,000円/月
稼働日数 週1日〜2日
業務内容 自社で電話占いサービスをしていて、サイトの制作を個人のフリーランスの方に依頼していたが、エラーが多く改修したいが、開発頂いていた方が対応できない状態。
まずはどこに課題があるか調査分析をし、電話番号認証の不具合から解決をお願いしたい。
必須スキル ・Python(Django)での開発経験
・ソースコードやサーバーの設計を見て、自身で改修・障害対応された経験
・決済系のサイト開発経験

土日・フルリモートで稼働できるDjangoの副業案件

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「土日・フルリモートで稼働できる」副業案件です。

案件名 【Django】フルリモート/時短可!急成長SaaSのさらなる成長を担う!
想定月収 〜600,000円/月
業務内容 ・自社プロダクトの機能開発
・発注者画面(飲食店が利用するスマホサービス)の開発
・受注者画面(卸売業者が利用する管理画面)の開発
・新サービスのプロトタイプ/モックアップの作成
・プロダクトの改善提案など
必須スキル ・Djangoを使ったWebアプリの開発経験
・要件定義〜仕様策定〜実装〜保守まで一貫した経験
・エンジニアマネジメント経験
・自社サービスの開発経験

Djangoエンジニアが副業を行うメリット

トレンドをキャッチアップしやすい

副業を行うことで、様々な開発現場に参画することになり、トレンドをキャッチアップする機会が増えます。

本業で同じような業務を繰り返しているだけだと、業界のトレンドに追いつけなくなり、転職・独立する際にDjangoエンジニアとしての市場価値が低く評価されてしまいます。

副業で知識やスキルレベルを上げておくことで、本業で任される仕事が増えるなど、現職での昇給・昇格も期待できます。

エージェント経由だと高単価で稼働できる

実務経験が3年以上あるDjangoエンジニアであれば、週2日の稼働でも20万〜50万円/月以上の単価で稼働できます。

実際に、『レバテックフリーランス』で掲載されているDjango案件をのぞくと、週2日稼働案件の平均月額単価は約30万円ほどでした。

ただし、実務経験3〜5年以上を採用条件としている案件が多く、実務経験が浅い方はエージェント経由の案件の獲得は難しいでしょう。

仕事につながる人脈が広がる

副業を行うことで、参画先の社長やPMなど多くの決裁権者と繋がることができます。

副業で成果を出せば、フリーランスとして業務委託契約を打診され独立できたり、正社員としてヘッドハンティングされることもあるでしょう。

副業先で信頼を積み重ねることで、新たな仕事を紹介してもらえるケースも多々あるので、本業と同じ姿勢で業務に臨むようにしましょう。

Djangoエンジニアが副業を行うデメリット

就業規則に違反していると解雇されることも

Djangoエンジニアが副業を行う際は、本業で働く会社の就業規則を必ず確認しておきましょう。

副業禁止の会社で、万が一副業がバレたら解雇される可能性があります。副業が許可されていても、〇〇万円/月以上副業収入がある場合、会社に申請する必要があるケースもあるので必ず就業規則を確認しておきましょう。

法人を設立して役員報酬を0にするなど、副業収入を隠すことも可能ですが、会社を設立しているのがバレてしまえば元も子もないので注意が必要です。

初心者・実務未経験だと条件交渉が難しい

Djangoは在宅案件や時短(週1〜2日)案件が豊富な点が魅力のひとつです。一方で、リモートや時短案件を発注してもらうためには、Djangoエンジニアとして豊富な実務経験が求められます。

最近ではプログラミングスクール卒業後すぐにフリーランスを目指す方が多いですが、実務未経験だと密にフィードバックしてもらう必要があるので、在宅や時短で働ける副業案件には参画しづらいです。参画できたとしても、強気で単価交渉するのは難しいです。

まずは会社員として3年程度の実務経験を積んだ上で副業を始めることをおすすめします。