フリーランス仕事一覧 PR

フリーランスのWebディレクターになるには?案件獲得方法を解説

フリーランスのWebディレクターとして独立を考えているものの、案件の獲得方法や営業力に不安を抱えていませんか?

私自身もそのような不安を抱えたまま独立しましたが、フリーランスエージェントを活用することで継続案件を獲得でき、今年で独立6年目(フリーランス2年→法人4期目)を迎えています。

フリーランスエージェントに掲載されているWebディレクターの案件をのぞくと、「フルリモートOK」「週3から参画可能」「エンド直請け月単価100万円以上」のような案件が豊富に見つかります。

この記事では、Webディレクターのフリーランス(業務委託)案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場、将来性について解説します。

おすすめフリーランスエージェント

Webディレクターのフリーランス(業務委託)案件をお探しの方は、ITプロパートナーズ・レバテックフリーランスの活用がおすすめ。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
ITプロパートナーズ
週3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。
スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点も好評。
【第2位】
レバテックフリーランス
案件数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーランス専門エージェント。
週2〜5日常駐でがっつり稼げる案件が豊富で、利用者の平均年収は862万円と業界最高水準。

Webディレクターのフリーランス案件における単価相場

フリーランスで働くWebディレクターの平均年収は約500万円です。『レバテックフリーランス』のようなフリーランス専門エージェントに掲載されているWebディレクター向けの案件をのぞくと、30万円〜60万円/月のレンジの案件が多いようです。

業界・業種別の年収は以下の通りです。

業種別 平均年収
Web制作会社 約400万円
Webデザイン会社 約480万円
広告代理店 約440万円
ゲーム開発会社 約450万円
フリーランス 約500万円

Webディレクターは常に人手不足な状態が続いているので、単価相場は上昇傾向にあり、会社員よりも高めの設定になっています。クライアントとの交渉次第では、80万円/月も可能なラインです。

Webディレクターがフリーランス案件を獲得する方法

フリーランス専門エージェントを利用する

フリーランスのWebディレクターにとって、営業工数をかけず、かつ安定して案件を獲得するには、フリーランス専門エージェントに登録することが最も有効です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、エージェントや代理店を利用せず、自分で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にエージェントを利用することをおすすめします。

ITプロパートナーズ | フルリモートOK・週3日から稼働できる案件が豊富

ITプロパートナーズ』はITフリーランス専門のエージェントであり、フルリモート可能で週3日から稼働できるフレキシブルな案件を数多く取り扱っています。

週5日常駐以外の案件はどうしても単価が低くなりがちですが、ITプロパートナーズは商流を挟まないエンド直案件が9割なので高単価案件が多いです。

ITプロパートナーズのマイページにログインして、フリーワードで「Webディレクター」と検索すると、440件の案件がヒットしました。単価としては、40万円〜80万円/月のレンジの案件が多いです。

レバテックフリーランス | 週2〜5日稼働の常駐案件がメイン

レバテックフリーランス』は、東京では頭一つ抜けた存在のエージェントで、最近では大阪、名古屋、福岡にも拠点が増え案件数も増加しています。フリーランス専門エージェントとしては、間違いなく知名度も人気も業界No1です。

フリーランスのWebディレクター案件は約420件掲載されています。週5日常駐の高単価案件に加え、週2〜3日から稼働可能で、フルリモートOKな案件も豊富に見つかりました。

キャリア面談や入念な選考対策はもちろんのこと、案件参画後のサポートも手厚いので、初めてフリーランスになる方にレバテックフリーランスはおすすめです。

見込み客に直営業をする

エージェントに手数料を取られるのがもったいないと思われる方は、企業に直営業するのがおすすめです。

もし営業する場合は、仕事の発生源(エンドクライアント)となる企業よりも、仕事のハブになるWeb制作会社や、SEO会社、広告代理店などに営業することをおすすめします。

なぜなら、Webディレクターを探している企業(エンドクライアント)をタイミングよく見つけるのは難しいですが、仕事のハブになっている制作会社や広告代理店は常に案件を抱えています。こういった企業に絞って営業することで、少ない営業工数で案件を獲得できます。

実務経験が浅い方は「Webディレクション試験(Web検定)」「Webクリエイター能力認定試験」などの資格を取得しておくことで、知識や技術の証明になり、案件参画前の書類選考や面接で多少有利に立ち回れます。

フリーランスチームを作る

Web系フリーランスの商流は以下のようになっています。

Webディレクターは、クライアントの要望をヒアリングし、エンジニアやデザイナー、ライターなど様々な職業の方を巻き込みながらクライアントの要望を形にします。

Webディレクターとして安心して仕事を発注できるフリーランスが身近にいると、規模が大きな案件も引き受けることができます。

Webディレクターのフリーランス案件例

フリーランスエージェントに掲載されているWebディレクターのフリーランス案件例をご紹介します。

月単価70万円以上のフリーランス案件(マーケティングディレクター)

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「月単価70万円以上」のフリーランス案件です。

案件名 【マーケティング兼ディレクション】クライアント向けデジタルマーケティングの求人・案件
想定月収 700,000円/月
業務内容 具体的には下記の作業を行っていただきます。
・クライアントのニーズや課題に沿ったWeb分析から改善施策プランニング
・要件定義からテスト設定
・デザイン/実装ディレクション
・実施施策に関する顧客向けのレポート設計、作成
・改善活動から見えてくるデジタルマーケティング強化ポイントの提案
求めるスキル ・Webコンサルタント/アナリスト/ディレクターとしての業務経験
・Webサイト分析→課題整理→UI/UX、CVR改善の提案を実際に行った経験
・多くのタスクを同時並行で進めるタスク管理能力と進行管理能力
・要点をわかりやすく伝えるドキュメント作成能力

週2日稼働できるフリーランス案件例(制作ディレクション)

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週2日の稼働でも参画できる」フリーランス案件です。

案件名 【WordPress/デザインディレクション】サイト改修におけるWEBディレクターの案件・求人
想定月収 〜600,000円
業務内容 ・キャンペーンLPディレクション
・コーポレートサイトの改善ディレクション
・企画に基づいたワイヤー、デザイン作成
求めるスキル ・ウェブディレクション経験
・デザイナー、エンジニアに対してのワイヤー作成経験
・Wordpressを用いたウェブサイト構築の知見

フルリモートで稼働できるフリーランス案件例(制作ディレクション)

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「フルリモートOK」なフリーランス案件です。

案件名 【制作ディレクション/ワイヤーフレーム制作】大手クライアントのサイト運用におけるディレクターの案件・求人
想定月収 〜400,000円
週稼働日数 週5日
業務内容 ・要件定義
・ドキュメント作成
・ワイヤーフレーム作成
・運用方針の決定
・進行管理、工数管理
・システムの改修・保守業務
求めるスキル ・WEBサイト制作及び開発ディレクター経験
・クライアントや協力企業、社内メンバーなどの折衝経験

Webディレクターの主な仕事内容

働きやすさ リモートワーク・常駐案件の割合は半々
平均年収 450万円
必須スキル 営業 / 進行管理 / 品質管理 / Webデザイン / Webマーケ / コーディング
案件獲得方法 フリーランス専門エージェント / 制作会社・広告代理店の下請け
ポイント Webクリエイターとチームを作り、制作案件の仕事を巻き取ることで年収UP

Webディレクターは、主にWebサイトを制作する際に指揮をとる人のことを指します。

具体的には、PMと同行でクライアントとの打ち合わせに参加し、課題や要望をヒアリングして要件定義を行い、その内容を踏まえてデザイナーやコーダー、ライターなどの制作スタッフに指示を出し、Webサイトが完成するまでの進行管理や品質管理を行うのが主な仕事です。

クライアントや制作スタッフ含め、とにかく多くの人と関わるポジションにいるので、高いコミュニケーション能力が求められます。そのため、フリーランスのWebディレクターであっても、会社員のようにオフィスに常駐しながら仕事を進めるのが一般的です。

Webディレクターがフリーランスを目指す上でよくある質問

初心者・実務未経験のWebディレクターでもフリーランス案件を獲得できる?

実務未経験の状態で、フリーランスのWebディレクターとして独立を目指すのはほぼ不可能です。

なぜなら、Webディレクターのフリーランス案件に参画する際は、必須条件として「実務経験3年以上」のような実務経験を問われるからです。フリーランスは即戦力として現場に期待されるので、「未経験募集」の案件はほとんどありません。

なので、未経験からWebディレクターとして独立を目指すのであれば、まずは「未経験募集」の求人を出している企業に正社員として転職し、3年以上の実務経験を積んだ上で独立を目指すことをおすすめします。

【2024年】Webディレクターを目指す方におすすめの本9選この記事では、Webディレクターを目指す方におすすめの本をランキング形式で10冊ご紹介します。...

在宅・リモート可能なWebディレクターのフリーランス案件はどのように探す?

フルリモート可能なWebディレクターのフリーランス案件を獲得するには、フリーランスエージェントの利用が最もおすすめです。

特に『ITプロパートナーズ』は保有案件の7割がフルリモート可能な案件です。ITプロパートナーズのサイト内検索で「Webディレクター リモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

Webディレクターがフリーランスとして独立するメリット・デメリットは?

Webディレクターがフリーランスとして独立することで「業務内容は同じでも会社員より高い単価で働ける」「フルリモート可能な案件が多く柔軟に働ける」「煩わしい社内イベントに参加しなくてもいい」などのメリットがあります。

一方で「社会的信用を得にくい」「確定申告や各種保険の手続きを行う必要がある」「業務委託の契約期間満了時のことを考えて、新規案件を開拓し続ける必要がある」などデメリットもあります。

フリーランスとして働くWebディレクターの将来性は?

すでに、Webサイト制作やアプリ開発、システム開発の現場では、ノーコードツールやChatGPTが多用されています。また、Web広告のクリエイティブ制作やSEO記事の制作現場などでもAIツールが活用されています。

Webディレクターの主な業務はプロジェクトの指揮・管理であり、クライアントや制作チームとコミュニケーションを取り、プロジェクトの進行を円滑に進めることがミッションです。

多くの知的労働がAIに代替されているなか、多くのスタッフとのコミュニケーションを必要とする業務・職種はAIに代替されづらいです。少なくとも、各種アウトプットを制作する業務よりは代替が進んでいないのが現状です。

Webディレクターの業務内容はAIに代替されづらく、将来性が高い職種であるといえます。

Webディレクターが副業案件を獲得するには?土日・週1〜2日案件の探し方Webディレクターは、フルリモートOK、週2日の稼働でOKな副業案件が豊富なので、平日の夜や土日を有効活用すれば会社員の方でも副業可能です。...
ノマド家

「ノマド家」は、湘南に拠点を構える、業界最大手のフリーランス専門シェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!