フリーランス仕事一覧 PR

フリーランスのVBAエンジニアになるには?案件獲得方法を解説

フリーランスのVBAエンジニアとして独立を目指しているものの、案件の獲得方法や営業力に不安を抱えていませんか?

私自身もそのような不安を抱えたまま独立しましたが、フリーランスエージェントを活用することで継続案件を獲得でき、今年で独立6年目(フリーランス2年→法人4期目)を迎えます。

フリーランスエージェントに掲載されているVBA案件をのぞくと、「フルリモートOK」「週2から参画可能」「エンド直請け月単価100万円以上」のような開発案件が豊富に見つかります。

この記事では、VBAのフリーランス案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場、将来性について解説します。

おすすめフリーランスエージェント

VBAのフリーランス案件をお探しの方は、レバテックフリーランス・ITプロパートナーズの活用がおすすめ。

サービス名 特徴・おすすめ理由
レバテックフリーランス 案件数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーエンジニア専門エージェント。
週2〜5日常駐でがっつり稼げる案件が豊富で、利用者の平均年収は862万円と業界最高水準。
ITプロパートナーズ 週3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。
スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点もおすすめ。

VBAのフリーランス案件における単価相場・求人動向

フリーエンジニア専用エージェントである『レバテックフリーランス』で、VBAエンジニア向けの案件を検索すると約250件ほどヒットし、月平均単価は約73万円/月でした。単価は30万円〜140万円と幅広く、100万円/月を超える案件も豊富にあります。

正社員の年収は400万円~500万円が相場なので、フリーランスとして独立した方が年収が高くなる傾向にあります。

案件の業務内容を見てみると、VBAを用いた作業の効率化や保守運用、管理システムの導入などの案件が大半を占めています。また、VBAだけではなく、PythonやJavascriptなど他の言語での開発経験も同時に求めている企業が多いようです。

VBAのフリーランス案件を獲得する方法

フリーランスVBAエンジニアが案件を獲得するためには、フリーエンジニア専門エージェントに登録することが最も効率的です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、エージェントや代理店を利用せず、自力で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にエージェントを利用することをおすすめします。

レバテックフリーランス | エンド直請け高単価案件が豊富

レバテックフリーランスは、フリーエンジニア専門のエージェントです。東京では頭一つ抜けた存在で、フリーエンジニア専門エージェントとしては知名度・実績ともNo1です。

VBA案件も多く取り扱っています。※約250件掲載。
週5日常駐の高単価案件に加え、週2〜3日から稼働可能で、フルリモートOKな案件も豊富に見つかりました。

レバテックフリーランスを活用しているエンジニアの平均年収は862万円で、月収100万円以上稼ぐエンジニアも多く在籍しています。利用者の2人に1人が初めてフリーランスになる方なので、フリーランス経験が浅い方にも最適です。

ITプロパートナーズ | 週3日・フルリモートで稼働できる案件が豊富

ITプロパートナーズはITフリーランス専門のエージェントであり、フルリモート可能で週3日から稼働できるフレキシブルな案件を数多く取り扱っています。

週5日常駐以外の案件はどうしても単価が低くなりがちですが、ITプロパートナーズは商流を挟まないエンド直案件が9割なので高単価案件が多いです。

自由度の高い働き方をしたいフリーランスや、フリーランス案件を掛け持ちしたい方、受託で稼ぎつつ自社サービスの開発準備をしたい起業家にもおすすめです。

VBAのフリーランス案件例

フリーランスエージェントに掲載されているVBAのフリーランス案件をご紹介します。

月単価80万円以上のフリーランス案件(UiPath/VBA)

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「月単価80万円以上」のフリーランス案件です。

案件名 【UiPath/VBA】UiPath運用保守の求人・案件
想定月収 800,000円/月
業務内容 ・UiPath運用保守案件に携わっていただきます。
・主に下記作業をご担当いただきます。
-UiPathによるロボットおよびVBAの開発、運用
-DX-SuiteとUiPathの連携によるロボットの開発
求めるスキル ・UiPathの開発経験(1年以上)
・VBAの開発経験(1年以上)
・UiPath認定有資格(UiARDやUiRPA)
・DX-Suiteとの連携経験
・Power Platform開発経験

週2日稼働できるフリーランス案件(システム開発)

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週2日の稼働でも参画できる」フリーランス案件です。

案件名 【VBA/RPA】リゾート事業の運営企業での社内SEの案件・求人
想定月収 〜400,000円
業務内容 ・基幹システム等の運用保守及びRPAなどのツール類の保守対応
・施設開業に伴う、システム全般の手配等
・他部署からの問い合わせ等への一次受付
求めるスキル ・VBAを用いた経験
・RPAツールを用いた経験
・社内SE、情シス業務の経験(アカウント管理、キッティング、システム保守運用等)

フルリモートで稼働できるフリーランス案件(生産管理システム再構築)

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「フルリモートOK」なフリーランス案件です。

案件名 【VBA/リモート】システムマイグレーションの求人・案件
想定月収 〜500,000円/月
業務内容 ・OracleからSQL Serverへのシステムマイグレーション案件に携わっていただきます。
・主に下記作業をご担当いただきます。
-VBAを用いた設計、製造、テスト
求めるスキル ・VBAを用いた開発経験

VBAエンジニアの主な仕事内容

働き方 常駐案件がメイン
平均年収 840万円
必須スキル Excel / Access / Visual Basic / データベース(SQL)
案件獲得方法 フリーエンジニア専門エージェント
ポイント ExcelマクロやAccessマクロのVBA案件が多く、作業の自動化を依頼されるケースが多い

VBAはExcelやAccessなど、Microsoft Office製品に搭載されているVisual Basicをもとにしたプログラミング言語です。ExcelなどのMicrosoft Office製品で使える便利な機能を実装するのが主な仕事です。

ExcelマクロやAccessマクロのVBA案件が多く、作業の自動化を依頼されるケースが多いです。VBAエンジニアは、どれだけ作業を効率化、業務を自動化できたかを求められます。

また、VBAの講師案件も多く、パソコン教室の先生や企業向けの講師案件においては、ExcelとAccessどちらも扱える人材を求めている傾向にあります。

VBAのフリーランス(業務委託)案件を探す上でよくある質問

初心者・実務未経験でもフリーランスのVBA案件を獲得できる?

実務経験がない状態から、フリーランスのVBAエンジニアとして独立を目指すのはほぼ不可能です。

なぜなら、VBAのフリーランス案件に参画する際は、必須条件として「実務経験3年以上」のような開発経験を問われるからです。フリーランスは即戦力として現場に期待されるので、「未経験募集」の案件はほとんどありません。

なので、未経験からVBAエンジニアとして独立を目指すのであれば、まずは「未経験募集」の求人を出している企業に正社員として転職し、3年以上の実務経験を積んだ上で独立を目指すことをおすすめします。

VBAエンジニアとして「未経験募集」の正社員求人をお探しの方は、IT業界やエンジニア求人に特化している『レバテックキャリア』がおすすめです。

在宅・リモートワーク可能なVBA案件はどうやって見つける?

フルリモート可能なフリーランスのVBA案件を獲得するには、フリーランスエージェントの利用が最もおすすめです。

特に『ITプロパートナーズ』は保有案件の7割がフルリモート可能な案件です。ITプロパートナーズのサイト内検索で「VBA リモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

VBAエンジニアがフリーランスとして独立するメリット・デメリットは?

VBAエンジニアがフリーランスとして独立することで「業務内容は同じでも会社員より高い単価で働ける」「フルリモート可能な案件が多く柔軟に働ける」「仕事や一緒に働く人を自由に選びやすい」「煩わしい社内イベントに参加しなくてもいい」などのメリットがあります。

一方で、「収入が不安定になる」「社会的信用を得にくい」「確定申告や各種保険の手続きを行う必要がある」「業務委託の契約期間満了時のことを考えて、新規案件を開拓し続ける必要がある」あるなどデメリットもあります。

フリーランスとして働くVBAエンジニアの将来性は?

Microsoft Office製品は世界で最も普及しているビジネスツールです。Google製品やApple製品も少しずつ増えてきてはいますが、Office製品のシェアはまだまだ大きいので、VBAエンジニアが必要とされる場面は多いです。

また、VBAは開発工程が複雑ではなく、簡単にシステム開発ができます。作業の自動化にかけるコストや手間がかからないため、今後もVBAの導入を検討する企業は多いでしょう。

一方で、VBAは約20年ほどアップデートがありません。言語としての限界もあり、新たに発生するニーズには対応できないケースもあります。

なので、今後は他の言語に置き換えられてしまったり、Office製品ではなく新たなサービスに置き換えられていく可能性も少なくはありません。