フリーランス仕事一覧 PR

フリーランスのインフラエンジニアになるには?案件獲得方法を解説

フリーランスのインフラエンジニアとして独立を目指しているものの、案件の獲得方法や営業力に不安を抱えていませんか?

私自身もそのような不安を抱えたまま独立しましたが、フリーランスエージェントを活用することで継続案件を獲得でき、今年で独立6年目(フリーランス2年→法人4期目)を迎えます。

フリーランスエージェントに掲載されているインフラエンジニア向けの案件をのぞくと、「フルリモートOK」「週2から参画可能」「エンド直請け月単価100万円以上」のような開発案件が豊富に見つかります。

この記事では、インフラエンジニアがフリーランス案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場、将来性について解説します。

おすすめフリーランスエージェント

インフラエンジニアのフリーランス案件をお探しの方は、レバテックフリーランス・ITプロパートナーズの活用がおすすめ。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名 特徴・おすすめ理由
レバテックフリーランス 案件数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーエンジニア専門エージェント。
週2〜5日常駐でがっつり稼げる案件が豊富で、利用者の平均年収は862万円と業界最高水準。
ITプロパートナーズ 週3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。
スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点もおすすめ。

インフラエンジニアの単価相場・求人動向

フリーランスエージェントである『レバテックフリーランス』でインフラエンジニアの案件を検索すると約2,300件の案件がヒットし、月平均単価は約60万円/月でした。

実務経験1年未満だと25万円~30万円、3年で中央値付近の55万円~65万円、5年以上で80万円〜が相場となっています。年収1,000万円以上稼げるようになるには、単なるエンジニアでは難しく、マネジメント能力が要求されます。

年収1,000万円以上を目指すには、マネージャーやシニアエンジニア、シニアアナリストを目指しましょう。

また、インフラ系はサーバーやネットワークといった基幹システムに関わるため、客先常駐案件が多いです。1つのプロジェクトに関わると、長期間の案件になりやすいのもインフラエンジニア案件の特徴です。

インフラエンジニアがフリーランス案件を獲得する方法

フリーランスのインフラエンジニアが案件を獲得するためには、フリーエンジニア専門エージェントに登録することが最も効率的です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、エージェントや代理店を利用せず、自力で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にエージェントを利用することをおすすめします。

レバテックフリーランス | 週3〜5日稼働の常駐案件がメイン

レバテックフリーランス』は、東京では頭一つ抜けた存在のエージェントで、最近では大阪、名古屋、福岡にも拠点が増え案件数も増加しています。フリーエンジニア向けのエージェントとしては、間違いなく知名度も人気も業界No1です。

フリーランスのインフラエンジニア向けの案件も多く取り扱っています。※約2,300件掲載。
週5日常駐の高単価案件に加え、週2〜3日から稼働可能で、フルリモートOKな案件も豊富に見つかりました。

Webやインフラなど、スキル別に担当カウンセラーが分かれているので、マッチングの精度が高いと好評です。

また、契約期間満了前月の中旬には、現場継続か終了かの意思確認があり、終了の場合は、即座に次の案件の提案をしてくれるのでブランク期間をなくすことができます。

・フリーエンジニア専門エージェントとして知名度No1

・エンド直請け高単価案件、非公開案件を多数保有

・ユーザーの平均年収は862万円

・駆け出しフリーランスへのサポートが手厚い

ITプロパートナーズ | 週3日・フルリモートで稼働できる案件が豊富

ITプロパートナーズはITフリーランス専門のエージェントであり、フルリモート可能で週3日から稼働できるフレキシブルな案件を数多く取り扱っています。

週5日常駐以外の案件はどうしても単価が低くなりがちですが、ITプロパートナーズは商流を挟まないエンド直案件が9割なので高単価案件が多いです。

ITプロパートナーズのマイページにログインして、フリーワードで「インフラエンジニア」と検索すると、約140件の案件がヒットしました。単価としては、50万円〜80万円/月のレンジの案件が多かったです。

インフラエンジニアのフリーランス案件例

フリーランスエージェントに掲載されているインフラエンジニアのフリーランス案件をご紹介します。

月単価80万円を超えるインフラエンジニアのフリーランス案件例

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「月単価80万円以上」のフリーランス案件です。

案件名 【Azure】インフラ移行の求人・案件
想定月収 800,000円/月
業務内容 ・CI/CD移行に携わっていただきます。
・Azure DevOpsのPipelineからGitHub Actionsに移植する作業をご担当いただきます。
求めるスキル ・GitHub Actionsの開発経験
・Terraformの知見
・Serverless FrameworkのCI/CDの知見
・AWSかAzure上での開発経験

週3日で働けるインフラエンジニアのフリーランス案件

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週3日の稼働でも参画できる」フリーランス案件です。

案件名 【GoogleCloudPlatform/Linux】医療従事者向けアプリにおけるインフラエンジニアの案件・求人
想定月収 〜900,000円
業務内容 自社アプリのインフラ設計/構築/運用/devOps/MLOps、等に従事いただきます。
求めるスキル ・Linuxを用いたサーバー構築の知見・3年以上の実務経験
・クラウドインフラ(Google Cloud Platform)の知見。1年以上の実務経験、または、個人利用
・CloudRun、CloudFunction、Redisキャッシュサーバーの利用経験
・Terraformの利用経験

フルリモートで働けるインフラエンジニアのフリーランス案件

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「フルリモートOK」なフリーランス案件です。

案件名 【AWS/GCP/Azure】インフラ構築の求人・案件
想定月収 〜750,000円/月
業務内容 ・AWS、GCP、Azureなどを用いたインフラ構築案件に携わっていただきます。
・業界は保険会社、外資系EC、大手ゼネコンなど様々です。
・主にクラウドの設計、構築、運用、テストまでを担当頂きます。
求めるスキル ・AWS、GCP、Azureどれかの経験2年以上
・英語を用いた実務経験

レバテックフリーランスのサイト内検索で「フルリモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

インフラエンジニアの副業案件を獲得するには?土日・週1〜2日でも参画可能インフラエンジニアは、フルリモートOK、週2〜3日の稼働でOKな副業案件が豊富なので、平日の夜や土日を有効活用すれば会社員の方でも副業可能です。...

インフラエンジニアの主な仕事内容

働き方 常駐案件がメイン
平均年収 720万円
必須スキル サーバー / ネットワーク / プログラミング / インフラ設計 / セキュリティ等
案件獲得方法 フリーエンジニア専門エージェント
ポイント 設計・開発だけでなく、運用(保守)も任されるケースが多いので、長期間の案件になりやすい

インフラエンジニアの仕事内容を大きく分けると、設計・ 構築・ 運用(保守)の3つに分けられます。この章では、それぞれの業務内容についてご紹介します。

設計

ITインフラの設計は要件定義から始まります。依頼者の要望を正確にヒアリングし、設計書に落とし込む作業が要件定義です。

設計書はドキュメントとして保存され、それを土台にして実作業が行われます。そのため、要件定義の設計作業ではプログラムをイメージしながら、動作フローやエラーハンドリングまで組み込んでおく必要があります。

構築

設計書が完成したら、それを基にハードウェア・ソフトウェアを揃えます。ハードウェアの運搬や組付け、設置も構築作業に含まれます。

ハードウェアの設置と接続が終わったら、ソフトウェアのインストールと設定を行い、動作確認と負荷テストを行います。

運用(保守)

すべての構築とテストが終われば運用開始です。

24時間365日動作させ続けるために動作を監視し、万が一のトラブルの際は即対応しなければなりません。

インフラエンジニアがフリーランスを目指す上でよくある質問

初心者・実務未経験のインフラエンジニアでもフリーランス案件を獲得できる?

実務未経験の状態で、フリーランスのインフラエンジニアとして独立を目指すのはほぼ不可能です。

なぜなら、インフラエンジニアのフリーランス案件に参画する際は、必須条件として「実務経験3年以上」のような実務経験を問われるからです。フリーランスは即戦力として現場に期待されるので、「未経験募集」の案件はほとんどありません。

なので、未経験からインフラエンジニアとして独立を目指すのであれば、まずは「未経験募集」の求人を出している企業に正社員として転職し、3年以上の実務経験を積んだ上で独立を目指すことをおすすめします。

在宅・リモート可能なインフラエンジニアのフリーランス案件はどのように探す?

フルリモート可能なインフラエンジニアのフリーランス案件を獲得するには、フリーランスエージェントの利用が最もおすすめです。

特に『ITプロパートナーズ』は保有案件の7割がフルリモート可能な案件です。ITプロパートナーズのサイト内検索で「インフラエンジニア リモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

インフラエンジニアがフリーランスとして独立するメリット・デメリットは?

インフラエンジニアがフリーランスとして独立することで「業務内容は同じでも会社員より高い単価で働ける」「フルリモート可能な案件が多く柔軟に働ける」「煩わしい社内イベントに参加しなくてもいい」などのメリットがあります。

一方で「社会的信用を得にくい」「確定申告や各種保険の手続きを行う必要がある」「業務委託の契約期間満了時のことを考えて、新規案件を開拓し続ける必要がある」などデメリットもあります。

フリーランスとして働くインフラエンジニアの将来性は?

AIやIotの台頭により、インフラエンジニアの求人需要は年々高まってきていますが、求められるスキルや経験も年々変化しています。

近年、クラウドサービスの急速な普及によってインフラエンジニアにもクラウドのスキルと知識が求められます。特に、サーバーに関してはAWSを始めとしたクラウドサービスを使用することが主流になってきています。

インフラエンジニアといえば、データセンターに出向いて大きなサーバーと格闘するイメージですが、クラウドサービスだとローコストで扱いやすいため、多くの企業がサーバーをクラウド上に設置するようになりました。

クラウド化の流れは今後も加速していくので、インフラエンジニアとしての将来性を考えるのであればクラウドの知識は必ず身につけておきましょう。

ABOUT ME
辻本拓磨
当メディア監修者。フリーランスのWebマーケター・コンサルタント。 同志社卒→リクルート→フリーランス2年→法人4期目 | フリーランス専門シェアハウス「ノマド家」を茅ヶ崎で運営中。