独立準備

フリーランスなりたては賃貸審査に落ちやすい?独立1年目のリアル

フリーランスは会社員と比較すると、社会的信用が低いので保証会社の賃貸審査に落ちてしまうケースがあります。

一方で、フリーランス歴1年未満の方でも、賃貸審査を有利に進める方法があります。この記事では、フリーランスが賃貸審査を有利に進める方法や審査時に必要な書類や手続きについて解説します。

フリーランス1年目が賃貸審査に落ちやすい理由

フリーランスは、一般的な給与所得者(正社員)と比べると、安定収入を継続して得られにくいと考えられてしまうケースが多いです。

賃貸物件の場合、借りている間は家賃を支払い続けなければならないため、収入の金額とともに安定性も審査対象となります。月によって収入にバラつきがあるフリーランスは、このような理由から不利になってしまうのです。

フリーランス歴1年未満の方はかなり不利

特にフリーランス歴1年未満の人は、前年度の収入証明を提出できないので審査が厳しくなる傾向があります。

前職が正社員だった方は、退職前の源泉徴収票を提出し、収入が変わらないことを不動産業者にアピールしておきましょう。

また、もし出せるのであれば、直近3ヶ月分ほどの収入を証明する書類を提出することで、審査がやや通りやすくなります。

・フリーランスは収入が不安定とみられ、特に1年目は入居審査で不利になりやすい

・入居審査の際は、前年の収入を証明できる書類を用意する必要がある

・入居審査では、月収に対する家賃の割合、連帯保証人、借主自身のマナーや身だしなみも重要項目となる

・入居審査に落ちてしまった方は、比較的審査が甘いシェアハウスがおすすめ

賃貸審査に必要な書類一覧

フリーランスは、以下の収入証明をきちんと提出することで賃貸審査に通りやすくなります。もし紛失した場合は、再発行に1ヶ月ほど時間がかかるものもあるので、早めに準備しておきましょう。

①住民税の納税証明書
②所得税の納税証明書
③確定申告書の控え
④通帳の入金履歴

住民税の納税証明書

住民税の納税証明書は、年間の所得額が掲載されている書類です。

基本的に役所で発行されますが、マイナンバーカードを持っている人は、コンビニのマルチコピー機でも発行できます。

所得税の納税証明書

所得税の納税証明書は、税務署からの収受印があるものが必要です。

所得税の納税証明書は、納税した地域の税務署で発行できます。オンラインの申請システム「e-Tax」を使用すれば郵送での発行も可能です。

確定申告書の控え

確定申告書の控えは、前年度分が必要です。

紛失した場合は、再発行までに1ヶ月ほど時間がかかるので注意必要です。

通帳の入金履歴

上記の3点を提出できない場合は、取引先との入金履歴がわかる通帳を用意すれば審査してもらえるケースがあります。

補足資料として、取引先との業務委託契約書の提出を求められることもあります。

入居審査を通過するためのポイント

収入における家賃の割合を3分の1以下にする

入居審査において、手取り月収に対する家賃の割合はかなり重視されます。一般的に、月収の3分の1以下が目安とされており、それ以上の物件になると審査は厳しくなります。

フリーランスであれば、さらに低く見積もっておくことをおすすめします。なぜなら、税金や保険料に加え、突発的な経費が発生するケースもあるからです。

手取り月収の20~25%程度を目安にするといいでしょう。

預金残高でアピールする

収入状況だけでは審査が厳しいと判断した場合は、預金残高を示すことで有利になることがあります。

収入が少なくても、まとまった預金があれば滞納の可能性は少ないと判断してもらえます。

収入が安定している連帯保証人を立てる

入居審査においては、借主だけでなく連帯保証人も審査対象になります。連帯保証人については、借主との関係性と収入状況の2点が主な審査項目です。

連帯保証人が親などの近い親族であり、かつ安定した収入が見込める場合はフリーランスであっても審査に通りやすくなります。

マナーや身だしなみに気をつける

入居審査において、トラブルを起こす心配がないかどうかを見極めるために、借主の性格も重要な判断材料となります。不動産会社に対する応対や服装などは、担当者を通してチェックされています。

常識的な服装や言動を心がけておきましょう。

賃貸審査不要で入居できるフリーランス専門シェアハウス

ノマド家

運営会社 株式会社フィジビリ
住所 神奈川県茅ヶ崎市南湖4丁目9-9-13
物件タイプ 個室16部屋 5.8万円 ※水道光熱費/Wifi費込

ノマド家』は、湘南に拠点を構えるフリーランス限定のシェアハウスです。海までは徒歩5分のロケーションで、東京までは電車1本(約1時間)で行くことができます。

文字通り住人全員がフリーランスで、エンジニア・デザイナー・マーケター・ライター、動画編集者など、Web系のフリーランスが入居しています。

ノマド家では、入居審査の際に収入証明や預金残高は確認しておりません。内見の際に軽くお話しさせていただき、人柄やフリーランスとしての目標を審査基準とさせていただいています。

【2024年】フリーランスにおすすめのシェアハウス8選この記事では、フリーランスのクリエイターにおすすめのシェアハウスを厳選して8軒ご紹介します。...
ノマド家

「ノマド家」は、湘南に拠点を構える、業界最大手のフリーランス専門シェアハウスです。

エンジニア・デザイナー・マーケター・動画クリエイターなどのWeb系フリーランスが入居しています。

同業のフリーランスと仕事や人脈、ノウハウをシェアし合いながら働きたいという方は、ぜひお気軽にご連絡ください!