フリーランスエージェント PR

【2024年】レバテッククリエイターの口コミ・評判や体験談を徹底分析

レバテッククリエイターは、イラスト制作からグラフィックデザイン、コーディングを始め、ディレクション、プランニングまで様々なクリエイター向けのフリーランス案件を保有しています。

レバテッククリエイターの評判について、実際に利用したユーザーの口コミや独自アンケートの結果をもとに、メリット•デメリットを徹底検証していきます。

【編集長おすすめエージェント】

フリーランスとして6年以上活動し、実際に5社フリーランスエージェントを利用した筆者がおすすめするフリーランスエージェントは以下の2社。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
レバテックフリーランス
エンジニアの登録者数No1のフリーランスエージェント。
週2〜5日常駐でがっつり稼げる開発案件が豊富。利用者の平均年収は862万円と業界最高水準。
【第2位】
ITプロパートナーズ
週3日の参画でOK、フルリモートOKなど、柔軟な働き方ができる案件数は業界No1。9割がエンド直案件なので、フルリモートでも高単価を実現。

レバテッククリエイターのサポート内容や案件の特徴

運営会社 レバテック株式会社
対象 Webデザイナー / グラフィックデザイナー / イラストレーター / アートディレクター
最高単価 115万円
サポート内容 案件提案 / キャリア相談 / 単価交渉 / 福利厚生
案件数 常時1,000件
登録者数 20万人
支払いサイト 月末締め翌月15日支払い
手数料 非公開
対象エリア 東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 大阪 / 兵庫 / 大分

レバテッククリエイター』は、イラスト制作からグラフィックデザイン、コーディングを始め、ディレクション、プランニングまで様々な業務委託案件、派遣求人を保有しています。


出典:https://creator.levtech.jp/

Webデザイナーやイラストレーター、アートディレクターなどの職種検索はもちろんのこと、PhotoshopやIllustrator、Maya、3ds Maxなどのデザインツールでも案件を検索できます。

業界に精通しているコーディネーターが、参画までの商談調整、条件の交渉、契約の手続きなど、フリーランスのバックオフィス業務を全面的にサポートしてくれるので、フリーランス経験が浅い方にもおすすめできるエージェントです。

・業界最大級の案件保有数(5,000社以上)

・高い専門性を持つコーディネーターが在籍

・利用者満足度92.6%

・契約更新率90%超

口コミ・評判から分かるレバテッククリエイターのメリット

レバテッククリエイターを活用するメリットは以下の4点です。

それでは、順に見ていきましょう。

デザイナー・クリエイター向けの案件数が業界No.1

一般的なフリーランス専門エージェントはエンジニア向けの開発案件がメインですが、レバテッククリエイターはWebデザイナーを始めとしたクリエイター向けの案件数が業界No1です。

一口にクリエイターと言っても、扱っている職種は幅広く、現時点で以下の22職種の案件を保有しています。

取り扱い職種

Webデザイナー / HTMLコーダー / UI・UXデザイナー / フロントエンドエンジニア / Flashクリエイター / 2Dデザイナー / キャラクターデザイナー / イラストレーター / アニメーター / DTPデザイナー / 3Dデザイナー / モーションデザイナー / エフェクトデザイナー / Webディレクター / ゲームディレクター / アートディレクター / クリエイティブディレクター / Webプロデューサー / ゲームプロデューサー / ゲームプランナー / シナリオライター / グラフィックデザイナー

週3日から働ける柔軟な案件が多い

レバテッククリエイターでは、週3日から稼働できる案件をたくさん保有しています。

複数のクライアントを抱えているフリーランスや、受託とは別で自分の事業を運営しているフリーランスにもおすすめできるエージェントです。

ITプロパートナーズも、週3日から参画OK、リモートOKなクリエイター向けの案件を多く保有しているので、併用しながら活用されることをおすすめします。

高単価案件が豊富

レバテッククリエイターでは、70万〜80万/月で募集されている高単価案件をたくさん保有しています。

高単価になればなるほど、スキルや経験が求められるので、クリエイターとしての実務経験が3年以上ある方はぜひ案件をチェックしてみてください。

レバテッククリエイターでは、非公開案件が公開案件の3倍以上を占めているので、まずは「無料登録」されることをおすすめします。

福利厚生が充実している

一般的なフリーランスは、会社員のような福利厚生はありませんが、レバテッククリエイターに登録することで営業代行サポートや税務関連の手続き、ヘルスケアなどの福利厚生サービスを受けることができます。

具体的には、収入が途切れないように営業代行をしてくれたり、会計ソフトの割引があったり、人間ドックやスポーツジムをお得に利用できるサービスがあるので、フリーランス経験が浅い方にもおすすめできるエージェントです。

福利厚生を重視されている方は、案件が途切れてしまった際の給与保障制度があり、必要経費の支援など正社員並みの福利厚生がある『Midworks』と併用することをおすすめします。

口コミ・評判から分かるレバテッククリエイターのデメリット

レバテッククリエイターを活用するデメリットは以下の3点です。

それでは、順に見ていきましょう。

対応エリアが首都圏メイン

レバテッククリエイターの案件は9割近くが東京・首都圏の求人になります。

関東圏以外にお住まいの方は、大阪、名古屋、福岡にも拠点があり、ユーザー数・案件数とも業界No1である『レバテックフリーランス』の活用をおすすめします。

リモートワーク可能な案件が少ない

レバテッククリエイターは、常駐案件がメインであり、週5日常駐でがっつり稼ぎたいフリーランスにおすすめです。一方で、在宅・リモートワーク可能な案件の割合が少ない傾向にあります。

もし、週2〜3日の参画でOK、リモートワークOKな案件をお探しの方は、取り扱っている案件の7割がリモート案件である『ITプロパートナーズ』の活用をおすすめします。

スタートアップやベンチャーの案件も豊富で、新しいトレンドの技術を取り入れている会社が多く、技術者として面白い案件が多いです。

当サイトが最もおすすめするフリーランスエージェントについて知りたい方は、関連記事「フリーランスエージェントおすすめ14選!職種別に徹底比較」もご覧ください。

未経験者向けの案件が少ない

レバテッククリエイターは、高単価案件が魅力のひとつです。一方で、高単価案件を発注してもらうためには、高い技術力と実務経験が必要です。

クリエイターとしての実務経験が1年未満の方は、エージェントに登録はできても案件は紹介してもらえません。実務未経験でのフリーランス転身は、案件の獲得や単価交渉が難航するのでおすすめできません。

なので、実務経験を積むためにまずは『ギークリー』をはじめとしたIT転職エージェントを活用し、会社員として1年以上の実務経験を積んでから独立することをおすすめします。

レバテッククリエイターの評判・口コミ

実際に、レバテッククリエイターを利用しているユーザーの、ネットに寄せられた口コミをまとめてみました。ユーザーのリアルな声が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

レバテッククリエイターのポジティブな評判で多かったのは「案件数が多くたくさん案件を紹介してもらえる」「担当者が親身になって対応してくれる」という口コミです。

レバテッククリエイターは他社と比べると案件数が多く、参画先を変える際も複数の案件を提案してもらえたのでかなり満足しています。
企業側とのやりとりについても安心しておまかせしています。(30代・男性)

(引用:ノマド家調査)

参画が決まってからも担当営業がついてくれて、色々と相談に乗ってもらえたのは心強かったです。業務内容が最初に聞いていたのと違うという状況になったときもしっかり対応してもらえました。(20代・男性)

(引用:ノマド家調査)

案件に参画して1年が経った頃、単価UPの交渉をお願いしたのですが、とても迅速に対応してもらえたのがありがたかったです。

結果的には、こちらが出した希望単価には若干届かない形での単価UPとなり、担当の方はそれをとても申し訳なく感じてくださっていたようですが満足しています。(30代・男性)

(引用:ノマド家調査)

悪い評判・口コミ

ポジティブな口コミが大半でしたが、一部「未経験だと案件を紹介してもらえない」「東京と大阪の案件ばかり」といったネガティブな口コミも見受けられました。

レバテッククリエイターに登録したのですが、紹介できる案件がないとメールが来てました。未経験からのフリーは壁が高すぎる。やっぱり一度は正社員になるべきか。

(引用:ノマド家調査)

常駐型の案件がベースなので、地方出身の自分には向いていなかった。結局フリーランス向けって東京と大阪の企業ばっかり。
在宅型も増えているらしいけど、レバテッククリエイターでは扱っていないらしく、紹介してもらえなかった。

(引用:ノマド家調査)

レバテッククリエイターはどんな人におすすめ?

クリエイターとしての実務経験が3年以上あり、高単価でのフリーランス転身を考えられている方に『レバテッククリエイター』はおすすめです。特に、以下に該当する方におすすめです。

・クリエイターとして高いスキル・実績がある
・丁寧なキャリア面談を受けたい
・入念な選考対策を行いたい
・案件参画後もサポートを受けたい
・関東・首都圏にお住まいのクリエイター

クリエイターとしての実務経験が浅い方は『ギークリー』などのIT業界に強い転職エージェントを活用し、転職先でクリエイターとしての実務経験を3年以上積んでから独立することをおすすめします。

・クリエイター向けの案件数が業界No1

・週3日から働ける柔軟な案件が多い

・高単価案件が豊富

・福利厚生が充実している

登録から業務開始までの流れ

この章では、レバテッククリエイターに会員登録してから業務を開始するまでの流れを、4ステップで解説します。

会員登録

レバテッククリエイターを利用するには、まずは『公式サイト』から無料で会員登録する必要があります。

氏名やメールアドレス、生年月日、お住まいの都道府県、職種・スキルなどの基本情報を登録します。必要最低限の項目なので登録は1分ほどで完了します。

登録が完了すると、担当者から連絡がくるので、面談・カウンセリングに進みます。会員登録後、公開中の案件に関しては募集要項を確認できるのでチェックしておきましょう。

エージェントと面談

エージェントとの面談は、電話またはレバテックのオフィスにて対面で行われます。

面談では、これまでの経歴や今後のキャリアプランをヒアリングされるほか、希望の単価や働き方(リモートor常駐)、参画開始日、稼働日数をヒアリングされるので、事前に話す内容をまとめておきましょう。

案件紹介・企業と面接

面談時のヒアリング内容をもとに、自分の希望条件に合ったフリーランス案件を紹介してもらえます。

参画したい案件があれば、レバテッククリエイターの担当者から企業に推薦され、企業担当者との面談に進みます。面談日の日程調整は担当者が行なってくれます。

契約の締結・業務開始

面談後、内定がもらえた場合は業務委託の契約手続きに進みます。参画開始日や単価、働き方などの希望条件については、レバテッククリエイター担当者が企業に交渉してくれます。

希望条件について企業と合意できれば業務委託契約を締結し、クライアント企業での業務が開始されます。

案件参画中も、レバテッククリエイター担当者による定期的なフォローがあり、仕事内容や職場について気になる点はいつでも相談できます。

【厳選】当サイトおすすめフリーランスエージェント

レバテッククリエイターを活用することで、営業経験がない方でもブランク期間を空けず安定した働き方を実現できます。

また、フリーランスエージェントは各社独自の案件を保有しており、複数のエージェントに登録しておくことで、参画する案件の選択肢を広げることができます。

以下の表に、高単価でかつリモートワーク可能な案件が豊富なフリーランス専門エージェントをまとめてみましたので、エージェント選びで悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

【編集長おすすめエージェント】

フリーランスとして6年以上活動し、実際に5社フリーランスエージェントを利用した筆者がおすすめするフリーランスエージェントは以下の2社。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
レバテックフリーランス
エンジニアの登録者数No1のフリーランスエージェント。
週2〜5日常駐でがっつり稼げる開発案件が豊富。利用者の平均年収は862万円と業界最高水準。
【第2位】
ITプロパートナーズ
週3日の参画でOK、フルリモートOKなど、柔軟な働き方ができる案件数は業界No1。9割がエンド直案件なので、フルリモートでも高単価を実現。
ABOUT ME
辻本拓磨
当メディア監修者。フリーランスのWebマーケター・コンサルタント。 同志社卒→リクルート→フリーランス2年→法人4期目 | フリーランス専門シェアハウス「ノマド家」を茅ヶ崎で運営中。