フリーランス仕事一覧 PR

フリーランスのクラウドエンジニアになるには?案件獲得方法を解説

フリーランスのクラウドエンジニアとして独立を目指しているものの、案件の獲得方法や営業力に不安を抱えていませんか?

私自身もそのような不安を抱えたまま独立しましたが、フリーランスエージェントを活用することで継続案件を獲得でき、今年で独立6年目(フリーランス2年→法人4期目)を迎えます。

フリーランスエージェントに掲載されているクラウドエンジニア向けの案件をのぞくと、「フルリモートOK」「週2から参画可能」「エンド直請け月単価100万円以上」のような開発案件が豊富に見つかります。

この記事では、クラウドエンジニアがフリーランス案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場、将来性について解説します。

おすすめフリーランスエージェント

クラウドエンジニアのフリーランス・副業案件をお探しの方は、レバテックフリーランス・ITプロパートナーズの活用がおすすめ。

サービス名 特徴・おすすめ理由
レバテックフリーランス 案件数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーエンジニア専門エージェント。
週2〜5日常駐でがっつり稼げる案件が豊富で、利用者の平均年収は862万円と業界最高水準。
ITプロパートナーズ 週3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。
スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点もおすすめ。

クラウドエンジニアのフリーランス案件における単価相場・求人動向

フリーランス専門エージェントである『レバテックフリーランス』でクラウドエンジニアの案件を検索すると約7,200件の案件がヒットし、月平均単価は約76万円/月でした。

クラウドエンジニアは、企業の重要な情報資産に関わることが多く、セキュリティの観点から常駐型が採用されています。フリーランス案件においても常駐案件が多く、リモート案件の割合は少ないです。

企業のクラウド移行が進んでいるので、今後リモート案件が増える可能性もありますが、多言語のフリーランス案件と比べるとその割合は低いでしょう。

クラウドエンジニアがフリーランス案件を獲得する方法

フリーランスのクラウドエンジニアが案件を獲得するためには、フリーエンジニア専門エージェントに登録することが最も効率的です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、エージェントや代理店を利用せず、自力で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にエージェントを利用することをおすすめします。

レバテックフリーランス | 週2〜5日稼働の常駐案件がメイン

レバテックフリーランス』は、東京では頭一つ抜けた存在のエージェントで、最近では大阪、名古屋、福岡にも拠点が増え案件数も増加しています。フリーエンジニア向けのエージェントとしては、間違いなく知名度も人気も業界No1です。

フリーランスのクラウドエンジニア向けの案件は約7,200件掲載されています。週5日常駐の高単価案件に加え、週2〜3日から稼働可能で、フルリモートOKな案件も豊富に見つかりました。

キャリア面談や入念な選考対策はもちろんのこと、案件参画後のサポートも手厚いので、初めてフリーランスになる方にレバテックフリーランスはおすすめです。

ITプロパートナーズ | 週3日・フルリモートで稼働できる案件が豊富

ITプロパートナーズはITフリーランス専門のエージェントであり、フルリモート可能で週3日から稼働できるフレキシブルな案件を数多く取り扱っています。

週5日常駐以外の案件はどうしても単価が低くなりがちですが、ITプロパートナーズは商流を挟まないエンド直案件が9割なので高単価案件が多いです。

ITプロパートナーズのマイページにログインして、フリーワードで「クラウドエンジニア」と検索すると、約1,300件の案件がヒットしました。単価としては、40万円〜90万円/月のレンジの案件が多いです。

クラウドエンジニアのフリーランス案件例

フリーランスエージェントに掲載されているクラウドエンジニアのフリーランス案件をご紹介します。

月単価80万円を超えるクラウドエンジニアのフリーランス案件例

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「月単価80万円以上」のフリーランス案件です。

案件名 【AWS/フルリモート】クラウド基盤エンジニア(SRE)の求人・案件
想定月収 850,000円/月
業務内容 クラウド基盤エンジニア(SRE)案件です。ご担当いただくのは主に下記の作業です。
-多数(数十~百)のクラウドインスタンスの管理・運用
-システム運用・監視の高度化・高効率化
-上記に関わる仕組み構築(Ruby,Bash,AWS API/CLI)
求めるスキル ・Linuxサーバーの運用経験
・AWS (または Azure/GCP) でのクラウドインフラの構築、運用経験
・シェルスクリプト、Ruby他でのプログラミング経験
・データベースを使ったシステムの設計・構築・運用経験

週3日から稼働できるクラウドエンジニアのフリーランス案件例

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週3日の稼働でも参画できる」フリーランス案件です。

案件名 【GoogleCloudPlatform/Linux】医療従事者向けアプリにおけるインフラエンジニアの案件・求人
想定月収 〜900,000円
業務内容 自社アプリのインフラ設計/構築/運用/devOps/MLOps、等に従事いただきます。
求めるスキル ・Linuxを用いたサーバー構築の知見・3年以上の実務経験
・クラウドインフラ(Google Cloud Platform)の知見。1年以上の実務経験、または、個人利用
・CloudRun、CloudFunction、Redisキャッシュサーバーの利用経験
・Terraformの利用経験

フルリモートで稼働できるクラウドエンジニアのフリーランス案件例

以下は『レバテックフリーランス』に掲載されている「フルリモートOK」なフリーランス案件です。

案件名 【AWS】薬品管理システムクラウド移行・環境構築の求人・案件
想定月収 〜700,000円/月
業務内容 主な作業は下記でございます。
‐現在オンプレで構築している機能をAWS上に構築
‐AWS標準機能を用いたAWS上への移行
‐セキュリティ対応
求めるスキル ・AWSのネットワークサービス設計、構築、運用経験
・AWSを用いた経験

レバテックフリーランスのサイト内検索で「フルリモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるクラウドエンジニアのフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

クラウドエンジニアの仕事内容・単価相場

働きやすさ 常駐案件がメイン
平均単価 65万円/月(エージェント利用者)
必須スキル・経験 サーバ・ネットワークに関する設計・構築スキル / 最新ミドルウェアやツールに関する知識・経験
案件獲得方法 フリーエンジニア専門エージェント

クラウドエンジニアとは、クラウドサービスを利用したシステムの設計や構築、保守を担当するエンジニアを指します。ポジションとしてはインフラエンジニアに近く、クラウド環境上でサーバーの導入やメンテナンスを行います。

特にAWSやAzure、GCPなどのクラウドサービスの需要が高まっており、オンプレミスからクラウドへの移行作業を行う案件が増加しています。

フリーエンジニア専用エージェントである『レバテックフリーランス』で公開されているクラウドエンジニアの平均月額単価は76万円で、最高単価は165万円、最低単価は15万円です。

案件の内容としては、インフラ設計・クラウド環境の構築・オンプレミスからクラウドへの移行などです。これらの案件は工数がかかるので、必然的に長期案件となってきます。また、クラウド環境の運用・保守の仕事が加わるとさらに長期になります。

実務経験が浅い方は「AWS認定資格」「Google Cloud 認定資格」「Microsoft Azure認定試験」などの資格を取得しておくことで、案件参画前の書類選考や面接で多少有利に立ち回れます。

クラウドエンジニアがフリーランスを目指す上でよくある質問

初心者・実務未経験のクラウドエンジニアでもフリーランス案件を獲得できる?

実務未経験の状態で、フリーランスのクラウドエンジニアとして独立を目指すのはほぼ不可能です。

なぜなら、クラウドエンジニアのフリーランス案件に参画する際は、必須条件として「実務経験3年以上」のような実務経験を問われるからです。フリーランスは即戦力として現場に期待されるので、「未経験募集」の案件はほとんどありません。

なので、未経験からクラウドエンジニアとして独立を目指すのであれば、まずは「未経験募集」の求人を出している企業に正社員として転職し、3年以上の実務経験を積んだ上で独立を目指すことをおすすめします。

在宅・リモート可能なクラウドエンジニアのフリーランス案件はどのように探す?

フルリモート可能なクラウドエンジニアのフリーランス案件を獲得するには、フリーランスエージェントの利用が最もおすすめです。

特に『ITプロパートナーズ』は保有案件の7割がフルリモート可能な案件です。ITプロパートナーズのサイト内検索で「クラウドエンジニア リモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

クラウドエンジニアがフリーランスとして独立するメリット・デメリットは?

クラウドエンジニアがフリーランスとして独立することで「業務内容は同じでも会社員より高い単価で働ける」「フルリモート可能な案件が多く柔軟に働ける」「煩わしい社内イベントに参加しなくてもいい」などのメリットがあります。

一方で「社会的信用を得にくい」「確定申告や各種保険の手続きを行う必要がある」「業務委託の契約期間満了時のことを考えて、新規案件を開拓し続ける必要がある」などデメリットもあります。

フリーランスとして働くクラウドエンジニアの将来性は?

総務省が発表した令和2年版情報通信白書によると、2015年においてクラウドサービスを一部でも利用している企業の割合は44.6%でしたが、2019年時点では64.7%と20ポイント以上も増加しています。

また、最近では総務省から5Gを活用したIoT技術導入とクラウド活用が推進されており、今後もクラウドサービスを利用したサービスやシステムが増加することが予想されます。

近年の傾向を踏まえれば、クラウドエンジニアの求人需要は引き続き高い状態が続き、将来性も期待できます。

また、AWS認定資格、Microsoft Azure認定試験、Google Cloud認定資格などの認定資格を取得しておくことで、クラウドエンジニアとしてさらに市場価値を高めることができます。