PC・HDDのデータ復旧 PR

【2024年】A1データの口コミ・評判や体験談を徹底分析

データ復旧の老舗として創業27年を誇るA1データ株式会社。長年培ってきた知識と技術は国内トップレベルであり、安心して依頼できるデータ復旧業者の一つです。

この記事では、A1データの特徴や依頼するメリットを解説します。利用者の口コミも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

A1データの基本情報

運営会社 A1データ株式会社
受付拠点 東京(銀座)/神奈川(横浜)/埼玉(飯能)
※来社持込み不可の場合は郵送
料金(税込) 軽度障害:29,700円~
対応メディア HDD/SSD/パソコン/SD/MicroSDカード/USBメモリ/CD/DVD/磁気テープ/仮想化環境/データベース/RAID機器(NAS/サーバー)
サービスの強み 調査費無料 / 完全成功報酬

1994年に創設された『A1データ』は、日本のデータ復旧業界の先駆者とも言える存在です。個人の利用者から大手企業、官公庁まで幅広くデータ復旧を行っている実績があります。国内70,000件以上の豊富な復旧実績を持つ老舗の会社なので安心して依頼できます。

長年培った知識と高い技術を生かし、大規模サーバーやRAID構成、仮想サーバーなどのデータ復旧も手掛けています。

また、優待プログラムとして数々の企業と提携を結んでおり、BUFFALOやDELL、I-O DATA製品などのデータ復旧費用が最大30%割引になるキャンペーンも行われています。

完全成功報酬制を採用しているため、データが復旧できなかった場合には費用が発生することはありません。問い合わせや調査費ももちろん無料であり、申込もWebで簡単にできるのでまずは気軽に相談してみてください。

・日本データ復旧協会正会員企業

・老舗企業が培った豊富なノウハウ

・完全報酬制なので安心して依頼できる

・出張対応可能

・スペアパーツは常に20,000台以上ストック

\調査費無料で完全成功報酬/

A1データの料金・報酬形態

A1データのサービスの特徴は「調査費無料」「成功報酬型」であり、実際にかかる復旧料金については機器の容量に応じた価格設定が行われています。

例えば、ハードディスク(大容量メディア)の復旧費用は以下のようになります。

・簡易障害:税込29,700円~

・論理障害:税込172,480円~

・物理障害:税込215,600円~

他にも、メモリーカードやUSBメモリーなどは税込33,000円〜、CDやDVDなどの小容量メディアはそれぞれ44,000円、55,000円(税込)と定額料金になっています。

障害度合いに応じた復旧が可能で、個人の利用では軽度障害29,700円(税込)〜、重度物理障害79,000円(税込)~と特別な割引が適用されます。

口コミ・評判から分かるA1データのメリット

データ復旧業者に依頼するメリットは以下の通りです。

それでは、順に見ていきましょう。

1994年創設の老舗業者

1994年に日本で初めてデータ復旧サービスを開始したのがA1データ株式会社です。以来、データ復旧サービスの老舗として27年間、累計7万件超のデータ復旧を手がけています。

2007年には国内大手データ復旧企業として初めて公的セキュリティ認証(ISMS認証)を取得しています。長年培った知識と高い技術力を生かし、大規模サーバーやRAID構成、仮想サーバーなどのデータ復旧にも対応しています。

調査費無料

復旧・見積もりの際にはデータ障害の起きた機器を調査する必要がありますが、A1データではその調査を無料で行っています。

業界では珍しく、他社サービス利用済み、調査済、開封作業済のものも、A1データは調査費「無料」としています。

完全成功報酬なので復旧できなければ費用が発生しない

完全成功報酬制を採用しているため、データが復旧できなかった場合には費用が発生することはありません。復旧が成功した場合のみ料金が発生するので、依頼する側にはリスクがありません。

完全成果報酬でサービスを運営しているということは、それだけ自社の復旧技術に自信を持っているです。

電話やメールによる問い合わせが不要

24時間365日、いつでも簡単にデータ復旧の調査申込が可能な「ダイレクト受付システム」を導入しています。2021年に始まったばかりの新しいシステムです。

これにより調査の申し込みが以下の2ステップでサクッと完了します。
①ウェブから申込み
②品物の直接送付

口コミ・評判から分かるA1データのデメリット

スマホのデータ復旧には対応していない

A1データではスマホのデータ復旧には対応していません。ただし、スマホに入っているSDカードには対応しているので、データが本体かSDカードのどちらに保存されているか確認しておきましょう。

スマホ本体のデータを復旧したい方は、国内売上14年連続No.1のデータ復旧業者である『デジタルデータリカバリー』の利用をおすすめします。

業界最安値ではない

良心的な価格設定にはなっていますが、業界最安値というわけではありません。

価格だけを見ればA1データより安く受注している業者はたくさんありますが、中には技術力の低いものもあったり、復旧の見込みがないにも関わらず後から高額な復旧作業費を請求してくるような業者も存在するようです。

大事なデータに関わることなので、料金だけで判断せず信頼できる技術力と実績を持ったデータ復旧業者に依頼することが大切です。

業者に見積もりを出す行為も、機器に残っているデータに負荷をかける行為なので、初めから依頼する会社を一つに絞っておくようにしましょう。

【2024年】評判が良いおすすめデータ復旧業社8社を徹底比較当サイトが特におすすめするデータ復旧業社はデジタルデータリカバリー・a1データの2社。 データ復旧の実績が豊富で完全成功報酬を採用。実際の利用者の口コミや評判も良好です。...

A1データの評判・口コミ

A1データに寄せられた利用者の口コミを一部ご紹介します。

ハードディスクのデータ呼び出しを行っても読み込み不能が続き、復旧をお願いしました。クイックリターンサービスを利用し、依頼の2日後には復旧データをダウンロード&回収できました。本当に助かりました。

(引用:ノマド家調査)

結婚式のカメラ係だったので一時はどうなる事かと青ざめましたが 調査・復旧頂きまして心から感謝しております。早い対応をして頂きましたのも嬉しく存じます。

(引用:ノマド家調査)

LAN接続HDDの障害復旧でお世話になりました。おかげさまで復旧データのリストアも完了し、平常通りの運用が再開できましたので、ご報告かたがたお礼申し上げます。

(引用:ノマド家調査)

数社に復旧を依頼し、データを送ったにもかかわらず、長く待った上復旧できないと連絡を受けたときは本当に青覚めましたが、A1データに依頼をし、たった数日で復旧ができると報告を受けた時は本当に驚きました。

(引用:ノマド家調査)

A1データに関するよくある質問

データ回収が不可能なケースとは?

MS-DOS以前のPC用OSや、大型汎用機、WP専用機などは弊社で サポートしていません。また、上書きや物理フォーマットを行ったファイルも残念ながら回収は不可能です。

データ復旧の対象となるOSは?

DOS、Windows、OS/2、NetWare、MacOS、UNIX など ほとんどのOSです。

作業にかかる期間は?

障害の程度にもよります。現在までの実績として、障害を受けた媒体が弊社ラボに届いてから、平均実働1~3日で調査が完了します。

さらに復旧作業として平均実働 1~3日で回収が行なわれます。最短は調査、復旧あわせて1日というのもありますが、この他にお客様の場所からラボまで、およびその逆の媒体の輸送・運搬時間が掛かります。

サービスの手順は?

概算費用をご案内させて頂き、データ復旧を御検討頂いているお客様には、調査依頼書を発行しております。

書類と障害媒体を弊社までお送り頂く事で、データが復旧可能であるか調査をさせて頂きます。復旧作業はお客様のご指示の元で行い、回収データは別のメディアに移してお返し致します。

(引用元:公式サイト)

まとめ

以上、A1データの特徴やメリット、利用者の口コミをご紹介しました。

「データの復旧率をできるだけ高めたい」「すぐにデータを復旧させたい」という方は、A1データの利用を検討することをお勧めします。

機器の診断や見積もりは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

【編集長おすすめ3社】

当サイトが特におすすめするデータ復旧業社はデジタルデータリカバリー・アドバンスデザイン・PCエコサービスの3社。
データ復旧の実績が豊富で完全成功報酬を採用。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
デジタルデータリカバリー
ハードディスクやサーバー、パソコン、スマホ、USBなど、軽度データ障害から重度物理障害まであらゆる機器に対応。評判はこちら
【第2位】
アドバンスデザイン
データ復旧やサーバー復旧など、データ領域全般では日本トップクラスの実績を誇る。法人などの大規模復旧案件に強い評判はこちら
【第3位】
PCエコサービス
論理障害・物理障害問わず一律39,800円。輸送期間含め最短3日でデータ復旧。完全成果報酬でキャンセル料無料。評判はこちら