土日・週2で稼げる副業 PR

SEOの副業案件を獲得するには?土日・週1〜2日案件の探し方

SEOコンサルタントとして副業を考えているものの、案件の獲得方法や営業力に不安を抱えていませんか?

私自身もそのような不安を抱えたまま副業を始めましたが、フリーランスエージェントを活用することで継続案件を獲得でき、今年で独立6年目(フリーランス2年→法人4期目)を迎えます。

フリーランスエージェントに掲載されているSEO案件をのぞくと、「フルリモートOK」「週2から参画可能」「エンド直請け月単価60万円以上」のような副業案件が豊富に見つかります。

この記事では、SEOの副業案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場、将来性について解説します。

おすすめフリーランスエージェント

SEOの副業案件をお探しの方は、ITプロパートナーズの活用がおすすめ。
リモートワークOK・週2日の参画でOKな案件が豊富。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名 特徴・おすすめ理由
ITプロパートナーズ 週2日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。
スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点もおすすめ。

SEOコンサルタントの主な副業内容

働きやすさ リモートOKな案件が豊富
平均年収 780万円
必須スキル SEO対策 / Webディレクション / アクセス解析等
案件獲得方法 フリーランス専門エージェント / クラウドソーシング / Web制作会社・広告代理店の下請け
ポイント コンサルティングに加え、記事制作や被リンク対策まで巻き取れれば単価UP

SEOコンサルタントの仕事は、顧客のWebサイトが狙ったキーワードで上位表示するための施策を実行し、売上や集客を最大化することです。

具体的には、売上や集客に繋がるキーワードを選定し、WebディレクターやWebライターに記事を発注します。記事が公開されるまでの進行管理や品質管理もSEOコンサルタントの役割です。

必要に応じてサイトスピードの改善や構造化マークアップ、HTMLタグの最適化、内部リンク最適化、被リンク対策などの内部SEO・外部SEO対策を提案・実施するのもSEOコンサルタントの重要な役割です。

Googleのアルゴリズムは日々アップデートされるため、1度改善したら終わりではありません。なので、フリーランスのSEOコンサルタントは月額固定で契約することが多く、定期的に顧客に現状(KPI達成度)を報告し、最適な施策を実施し続ける必要があります。

SEOは成果が出るまで時間がかかるので、必要があればSNSや広告運用といったWebマーケティング施策を提案・実施することもあり、幅広いマーケティングスキルが求められます。

フリーランスのWebマーケターになるには?案件の獲得方法も解説この記事では、求人需要が高いWebマーケターの仕事内容や、フリーランス案件を獲得する方法について解説します。...

SEOコンサルタントの平均単価・年収

フリーランスエージェントである『ITプロパートナーズ』で公開されているSEOコンサルタントの平均月額単価は65万円で、最高単価は100万円です。

フリーランスで働くSEOコンサルタントの業務内容は、「SEOコンサルティング」「コンテンツSEO」「内部SEO対策」「外部SEO対策」の大きく4つに分けることできます。業務内容ごとの単価相場は以下の通りです。

業務内容 単価相場
SEOコンサルティング 10万~50万円/月
コンテンツSEO 5万~30万円/月
内部SEO対策 10万~100万円/回
外部SEO対策 1万~15万円/月

自分の周りのSEOコンサルタントは、1社あたり20万円/月で稼働しているフリーランスが多く、それを3〜4社ほど掛け持ちしているケースが多いです。

コンサルティングだけでなく、記事制作などのコンテンツSEOまで巻き取った方が単価は上がるので、WebディレクターやWebライターとチームを組成しているコンサルタントは収入が青天井です。

SEOの副業案件動向

フリーランスエージェントである『ITプロパートナーズ』でSEO案件を検索すると約220件ほど見つかりました。

SEOは施策を打ってから効果が出るまで半年〜1年ほどの時間がかかります。そのため、フリーランス案件の契約期間も半年以上のものが多く、単価相場も20万円/月と高いです。もし、短期間での契約を希望するクライアントがいれば、成果が出るまで時間がかかることを伝え、期待値調整しておくことが重要です。

実務経験が豊富でSEOチームを組成しているSEOコンサルタントであれば、20万円/月の案件だと週1日稼働でも業務を回せるので、複数の案件を掛け持ちできます。

また、SEOコンサルタントとして年商1億円規模に達しているフリーランスは、クライアントワークに加え、自身でオウンドメディアを立ち上げてD2Cブランドを販売したり、店舗ビジネスを立ち上げたり、アフィリエイトを行うなどして自身のサービスを立ち上げているケースが多いです。

SEOの副業案件を獲得する方法

SEOの副業案件を獲得するためには、フリーランスエージェントに登録することが最も効率的です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、エージェントや代理店を利用せず、自力で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にエージェントを利用することをおすすめします。

ITプロパートナーズ | 週2〜3日で参画できるリモート案件が豊富

運営会社 株式会社Hajimari
対象職種 マーケティング戦略立案 / 編集・ライティング / 動画マーケティング / 運用型広告 / ネットワーク広告 / アフィリエイト / SEO・コンテンツマーケティング / SNS / LPO・EFO / UIUX改善 / データ解析 / CRM・メルマガなど
福利厚生 確定申告サポート / 賠償責任保証など
取引企業数 約3,000社(約7割がリモート案件)
支払いサイト 20日

ITプロパートナーズ』は、週2〜3日から参画できる案件数が業界でもトップクラスで、さらにリモートや時間がフレキシブルな案件を数多く取り揃えています。

ITプロパートナーズのマイページにログインして、フリーワードで「SEO」と検索すると、220件の案件がヒットしました。単価としては、40万円〜100万円/月のレンジの案件が多いです。

週2〜3日稼働OK、フルリモートOKなどの案件は、どうしても単価が低くなりがちですが、ITプロパートナーズはエンド直の案件がメインなので高単価な案件が多いです。

私がフリーランスとして独立した当初は、ITプロパートナーズで週3日稼働40万円/月の案件をライスワークとしつつ、残りの週4日で自社サービスの立ち上げに注力していました。

SEOの副業案件例(業務内容・単価・必須スキル)

この章では、フリーランスエージェントに掲載されているSEOの副業案件をご紹介します。

週2日・土日稼働できる副業案件例

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週2日の稼働でも参画できる」副業案件です。

案件名 【マーケター】金融系オウンドメディアの企画〜ディレクションを行っていただける方を募集!
想定月収 〜190,000円
業務内容 自社サービス集客を目的とした、オウンドメディア立ち上げを行っていただけるマーケターを募集します。
現状リスティング広告のみで集客をおこなっておりますが、長期的にはメディアからの集客を行いたいと考えております。
資金調達系コンテンツのメディアを立ち上げたいので、その立ち上げにあたる設計戦略や、制作の外注企業のディレクションを行っていただける方を探しております。
SEO観点や、集客戦略の視点を持ちながらメディアの統括ができる方をお待ちしております。
求めるスキル ・オウンドメディアの立ち上げ経験
・金融系(融資、税務、経理、証券等)のマーケティング経験あるいは知見
・金融系メディアの立ち上げ経験

上記の案件はすでに募集を締め切っていますが、ITプロパートナーズのサイト内検索で「SEO 週2」と検索すると、稼働日数が少なくても参画できる案件が豊富に見つかるので、会員登録して公募案件をチェックしてみてください。

フルリモートで稼働できる副業案件例

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「フルリモートOK」な副業案件です。

案件名 【マーケター】ゴルフに関するWEBメディアのマーケティングリサーチャーを募集!
想定月収 〜90,000円
週稼働日数 週1日
業務内容 ゴルフに関するWEBメディアを運営している当社にて、マーケティングリサーチャーの募集です。ゴルフ業界におけるマーケット分析を行ったうえで、アライアンス先を選定し、適切な施策を立案いただきます。
SEO対策において、良質な被リンクを多く獲得することで、メディアとしての評価を高めたいと思っております。
そこで、ゴルフ業界の被リンクを獲得するため、リサーチから入っていただき、アライアンス先の選定支援、アライアンスに至るまでの施策をリードいただきたいと思っております。
求めるスキル ・ゴルフ業界の知見をお持ちの方
・SEO周りの知見をお持ちの方
・リサーチ〜アライアンス先の選定を行なった経験

ITプロパートナーズのサイト内検索で「SEO フルリモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できるフリーランス案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

SEOの副業を行うメリット

エージェント経由だと高単価で稼働できる

実務経験が3年以上あるSEOコンサルタントであれば、週2日の稼働で30万円/月以上の単価で稼働でき、場合によっては本業以上の収入を得ることができます。

実際に『ITプロパートナーズ』で掲載されているSEO案件をのぞくと、週2日稼働案件の単価相場は約30〜50万円でした。

ただし、実務経験3年以上を採用条件としている案件が多く、実務経験が浅いマーケターはエージェント経由の案件の獲得は難しいでしょう。

Webマーケの最新トレンドをキャッチアップできる

SEOコンサルタントは、常に最新の技術トレンドをキャッチアップしておく必要があります。

副業を通じて様々なマーケ現場に携わることで、同業のマーケターとディスカッションする機会が増え、SEOに関する知識をアップデートしやすいです。

仕事につながる人脈を作れる

副業を行うことで、参画先の社長やPMなど多くの決裁権者と繋がることができます。

副業先で成果を出せば、フリーランスとして業務委託契約を打診され独立できたり、正社員としてヘッドハンティングされることもあります。

SEOの副業を行うデメリット

副業所得が20万円を超えると確定申告が必要

副業による所得(売上−必要経費)が20万円を超えると、確定申告する必要があります。それに伴い、クラウド会計ソフトなどで日々帳簿づけを行う必要があります。

もし、確定申告を怠ると本来徴収される税金に加え、無申告加算税が上乗せされるので注意が必要です。

就業規則に違反すると解雇されることも

確定申告を行うと納付する住民税が変動するので、勤務先に副業がバレてしまう可能性があります。副業禁止の会社で、万が一副業がバレると解雇される可能性があります。

副業が許可されている場合でも、副業収入の制限や申請義務などが就業規則で定められているケースがあるので確認しておきましょう。

初心者・実務未経験だと条件交渉が難しい

SEOは高単価でフレキシブルな案件が豊富ですが、採用されるには豊富な実務経験が求められます。

最近ではマーケティングスクール卒業後すぐフリーランスを目指す方が多いですが、実務未経験だと採用される可能性が低く、単価交渉も難航します。

高単価な副業案件を獲得したい方は、まずは会社員として3年程度の実務経験を積んだ上で副業を始めることをおすすめします。