土日・週2で稼げる副業 PR

ReactNativeの副業案件を獲得するには?土日・週1〜2日案件の探し方

ReactNativeの副業にチャレンジしたいものの、案件の獲得方法や営業力に不安を感じていませんか?

私自身もそのような不安を抱えたまま副業を始めましたが、フリーランスエージェントを活用することで継続案件を獲得でき、今年でフリーランス6年目を迎えます。

フリーランスエージェントに掲載されているReactNative案件をのぞくと、「週1〜2日(土日)でも参画可能」「フルリモートOK」のような副業案件が豊富に見つかります。

この記事では、ReactNativeの副業案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場、将来性について解説します。

【おすすめ副業エージェント】

ReactNativeの副業案件をお探しの方は、ITプロパートナーズ・レバテックフリーランスの活用がおすすめ。フルリモートOK・週2日の参画でOKな副業案件が豊富。

サービス名 特徴・おすすめ理由
【第1位】
ITプロパートナーズ
週2日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点も好評。
【第2位】
レバテックフリーランス
求人数・利用者数・知名度とも業界No1のフリーランスエージェント。
週2の参画でOK、フルリモートOKなど柔軟な働き方ができる案件も豊富。

ReactNativeエンジニアの副業内容・単価相場

エンジニアの副業案件を豊富に取り扱う『レバテックフリーランス』で公開されているReactNative案件をのぞくと、月額50〜90万円が相場でした。実務経験が3年以上あったり、マネジメント経験があれば100万円/月以上の単価で稼働できる案件も見つかりました。

ReactNativeの副業案件においては、以下のような業務がメインとなります。

アプリ開発:要件定義、設計、開発、テスト、リリースまで一連の工程を担当
アプリの改修:バグ修正、新機能追加、UI/UX改善、ライブラリアップデート、OSバージョンアップ対応など
クロスプラットフォームアプリ開発:iOSとAndroid両方のアプリをReact Nativeで開発
コンサルティング:技術的なアドバイス、開発チームのサポート

ReactNativeに関する案件は、比較的フレキシブルに働ける案件が多く、週1日〜2日・フルリモートで参画できる案件が豊富です。また、エージェント経由の案件であれば即戦力を求めているプロジェクトが多く、高単価案件が豊富です。

ReactNativeの副業案件を獲得する方法

フリーランスエージェントを活用する

営業工数をかけず、かつ安定してReactNativeの副業案件を獲得するにはフリーランスエージェントの活用が最も有効です。

ReactNativeの副業案件が豊富なフリーランスエージェントを厳選して2社ご紹介します。

ITプロパートナーズ | 高単価・フレキシブルなReactNative案件が豊富

ITプロパートナーズ』は、週2日から参画できる案件数が業界トップクラスで、フルリモートで稼働できるフレキシブルなReactNative案件を豊富に取り扱っています。

働き方の自由度が高い自社開発案件がメインであり、約9割が商流を挟まないエンド直案件なので高単価案件が豊富です。

週末や平日の夜に副業したい会社員や案件を複数掛け持ちしたいフリーランスにおすすめのエージェントです。

レバテックフリーランス | 週2日・フルリモートで稼働できるReactNative案件が豊富

レバテックフリーランス』は、案件数・利用者数とも業界No1のフリーランスエージェントです。稼働しているエンジニアの平均年収は862万円と業界最高水準です。

12職種・44言語に対応しており、ReactNativeをはじめとしたエンジニア向けの副業案件数は業界トップクラスです。

入念な選考対策はもちろんのこと、条件交渉や煩雑な契約関連のサポート、案件参画後のサポートも手厚いので、初めて副業を始める方にレバテックフリーランスはおすすめです。

ReactNativeの副業案件例(業務内容・単価・必須スキル)

フリーランスエージェントに掲載されているReactNativeの副業案件をご紹介します。

週2日(土日)稼働できるReactNativeの副業案件

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている、週2日の稼働でも参画できる副業案件例です。

案件名 ゲーム専用仮想ウォレット開発におけるエンジニアの案件・求人
想定月収 〜800,000円/月
業務内容 ゲーム専用ブロックチェーン専用のウォレットのネイティブアプリ開発をお任せします。
・システム設計
・アプリ開発
・プロダクトのUX/UIの改善、運用
必須スキル ・React Nativeでの開発経験
・IOS/Androidアプリいずれかの開発経験
・ブロックチェーン技術への強い興味関心

フルリモートで稼働できるReactNativeの副業案件

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている、フルリモートで稼働できる副業案件例です。

案件名 ワークフローシステム開発におけるエンジニアの案件・求人
想定月収 〜900,000円/月
業務内容 ・自社内ワークフローシステムの開発
(チャット、チケット、承認申請機能など)
・仕様検討、設計、機能追加など
必須スキル ・ReactNativeによる開発経験
・AWS経験
・アジャイル開発経験

ReactNativeエンジニアが副業を行うメリット

エージェント経由だと高単価で稼働できる

実務経験が3年以上あるReactNativeエンジニアであれば、週2日の稼働で30万円/月以上の単価で稼働でき、場合によっては本業以上の収入を得ることができます。

実際に『レバテックフリーランス』で掲載されているReactNative案件をのぞくと、週2日稼働案件の単価相場は約30〜50万円でした。

ただし、実務経験3年以上を採用条件としている案件が多く、実務経験が浅いエンジニアはエージェント経由の案件の獲得は難しいでしょう。

ReactNativeの技術トレンドをキャッチアップできる

ReactNativeエンジニアは、常に最新の技術トレンドをキャッチアップしておく必要があります。

副業を通じて様々な開発現場に携わることで、同業のエンジニアとディスカッションする機会が増え、ReactNativeに関する知識をアップデートしやすいです。

仕事につながる人脈を作れる

副業を行うことで、参画先の社長やPMなど多くの決裁権者と繋がることができます。

副業先で成果を出せば、フリーランスとして業務委託契約を打診され独立できたり、正社員としてヘッドハンティングされることもあります。

ReactNativeエンジニアが副業を行うデメリット

副業所得が20万円を超えると確定申告が必要

副業による所得(売上−必要経費)が20万円を超えると、確定申告する必要があります。それに伴い、クラウド会計ソフトなどで日々帳簿づけを行う必要があります。

もし、確定申告を怠ると本来徴収される税金に加え、無申告加算税が上乗せされるので注意が必要です。

就業規則に違反すると解雇されることも

確定申告を行うと納付する住民税が変動するので、勤務先に副業がバレてしまう可能性があります。副業禁止の会社で、万が一副業がバレると解雇される可能性があります。

副業が許可されている場合でも、副業収入の制限や申請義務などが就業規則で定められているケースがあるので確認しておきましょう。

初心者・実務未経験だと条件交渉が難しい

ReactNativeは高単価でフレキシブルな案件が豊富ですが、採用されるには豊富な実務経験が求められます。

最近ではプログラミングスクール卒業後すぐフリーランスを目指す方が多いですが、実務未経験だと採用される可能性が低く、単価交渉も難航します。

高単価な副業案件を獲得したい方は、まずは会社員として3年程度の実務経験を積んだ上で副業を始めることをおすすめします。