土日・週2で稼げる副業 PR

広告運用の副業案件を獲得するには?土日・週1〜2日案件の探し方

広告運用者として副業を考えているものの、案件の獲得方法や営業力に不安を抱えていませんか?

私自身もそのような不安を抱えたまま副業を始めましたが、フリーランスエージェントを活用することで継続案件を獲得でき、今年で独立6年目(フリーランス2年→法人4期目)を迎えます。

フリーランスエージェントに掲載されている広告運用案件をのぞくと、「フルリモートOK」「週2から参画可能」「エンド直請け月単価100万円以上」のような副業案件が豊富に見つかります。

この記事では、広告運用者の副業案件を獲得する方法を中心に、具体的な業務内容や単価相場、将来性について解説します。

おすすめフリーランスエージェント

広告運用の副業案件をお探しの方は、ITプロパートナーズの活用がおすすめ。
リモートワークOK・週2〜3日の参画でOKな案件が豊富。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

サービス名 特徴・おすすめ理由
ITプロパートナーズ 週2〜3日の参画でOK、リモートワークOKな案件が豊富で、柔軟な働き方ができると評判。
スタートアップやベンチャー企業のトレンド技術を取り入れた案件が多い点もおすすめ。

広告運用者の副業内容・単価相場

働きやすさ リモートOKな案件が豊富
平均年収 720万円
必須スキル オペレーション能力 / リスク管理能力 / 分析・仮説思考能力 / 戦略立案能力 / コミュニケーション力
案件獲得方法 フリーランス専門エージェント / クラウドソーシング / Web制作会社・広告代理店の下請け
ポイント 制作案件も巻き取ることで年収UP

広告を出稿する媒体の選定や入札価格の調整、運用中の管理などがWeb広告運用者の主な仕事内容です。まずは、リード獲得や認知度拡大といった配信目的とKPIを明確にし、広告配信先の媒体や予算、スケジュールなどを決めていきます。

その後、広告プラットフォームの管理画面から広告を入稿し、入札金額や配信地域、配信期間などを設定します。広告配信後は、広告の表示回数やクリック率などを分析し、改善策を検討します。

フリーランスのWebマーケターになるには?案件の獲得方法も解説この記事では、求人需要が高いWebマーケターの仕事内容や、フリーランス案件を獲得する方法について解説します。...

フリーランスで働く広告運用者の平均単価は60万円/月、平均年収は約720万円です。フリーランスエージェントである『ITプロパートナーズ』で公開されている広告運用者の平均月額単価は60万円で、最高単価は110万円です。

運用代行の費用相場は「広告費の20%」であることが多いので、300万円/月の広告運用案件を獲得することで平均年収を突破することができます。また、アカウント作成やキーワードの選定など、広告配信までの準備にかかる費用として初期費用が発生する場合もあります。

広告運用の副業案件を獲得する方法

広告運用の副業案件を獲得するためには、フリーランスエージェントに登録することが最も効率的です。

フリーランスとして廃業する方のほとんどが、エージェントや代理店を利用せず、自力で企業に営業しているというデータがあるので、息の長いフリーランスになるためには積極的にエージェントを利用することをおすすめします。

ITプロパートナーズ | 週2〜3日で参画できるリモート案件が豊富

運営会社 株式会社Hajimari
対象職種 マーケティング戦略立案 / 編集・ライティング / 動画マーケティング / 運用型広告 / ネットワーク広告 / アフィリエイト / SEO・コンテンツマーケティング / SNS / LPO・EFO / UIUX改善 / データ解析 / CRM・メルマガなど
福利厚生 確定申告サポート / 賠償責任保証など
取引企業数 約3,000社(約7割がリモート案件)
支払いサイト 20日

ITプロパートナーズ』は、週2〜3日から参画できる案件数が業界でもトップクラスで、さらにリモートや時間がフレキシブルな案件を数多く取り揃えています。

ITプロパートナーズのマイページにログインして、フリーワードで「広告運用」と検索すると、270件の案件がヒットしました。単価としては、20万円〜90万円/月のレンジの案件が多いです。

私がフリーランスとして独立した当初は、ITプロパートナーズで週3日稼働40万円/月の案件をライスワークとしつつ、残りの週4日で自社サービスの立ち上げに注力していました。

広告運用の副業案件例(業務内容・単価・必須スキル)

フリーランスエージェントに掲載されている広告運用の副業案件をご紹介します。

週1日・土日稼働できる広告運用の副業案件例

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「週1日の稼働でも参画できる」副業案件です。

案件名 【広告運用】代理店のLINE広告事業立ち上げにあたるアドバイザー募集!
想定月収 〜190,000円
業務内容 直近でLINE広告に注力をしておりますが、運用経験が浅くまだ大きな成果に繋げられていないため、LINE広告に詳しいプロ人材の方に運用方法・拡大方法など相談したいと考えています。
進め方は、週1くらいのペースで定期的にMTGでき、かつチャットなどで適宜質問にご回答頂く想定です。クライアントは健康食品、サプリ、アパレル、食品等です。
求めるスキル ・LINE広告の運用経験が豊富な方(3以上の商材経験あり)
・LINE広告の審査周り・クリエイティブの知見を熟知している方

フルリモートで稼働できる広告運用の副業案件例

以下は『ITプロパートナーズ』に掲載されている「フルリモートOK」な副業案件です。

案件名 【広告運用|フルリモート】結婚マッチングサービスの広告運用を担っていただけるマーケターを募集
想定月収 〜700,000円
週稼働日数 週2日
業務内容 ユーザーの新規獲得における広告運用を担っていただける方を募集いたします。今後、獲得母数を増やすために広告費用を増やしていきたいのですが現状CEOが運用型広告をまるっと対応しており、リソースが足りない状況になってきております。
行っていただく業務としては、GA4やGTMを触りながら、手を動かして画面設定やレポーティング等を行っていただきます。
求めるスキル ・SNS広告、アドネットワーク広告、リスティング広告の運用経験がある方
・GA4、GTMが触れる方
・事業会社における広告運用担当者の経験

レバテックフリーランスのサイト内検索で「広告運用 フルリモート」と検索すると、地方在住の方でも参画できる副業案件が豊富に見つかるので、ぜひ案件情報をチェックしてみてください。

広告運用者が副業を行うメリット

エージェント経由だと高単価で稼働できる

実務経験が3年以上ある広告運用者であれば、週2日の稼働でも20万〜40万円/月以上の単価で稼働できます。

実際に、『ITプロパートナーズ』で掲載されている広告運用案件をのぞくと、週2日稼働案件の平均月額単価は約30万円ほどでした。

ただし、実務経験3〜5年以上を採用条件としている案件が多く、実務経験が浅い方はエージェント経由の案件の獲得は難しいでしょう。

トレンドをキャッチアップする機会が増える

副業を行うことで、様々なWebマーケの現場に参画することになり、トレンドをキャッチアップする機会が増えます。

本業で同じような業務を繰り返しているだけだと、業界のトレンドに追いつけなくなり、転職・独立する際に広告運用者としての市場価値が低く評価されてしまいます。

また、副業で知識やスキルレベルを上げておくことで、本業で任される仕事が増えるなど、現職での昇給・昇格も期待できます。

仕事につながる人脈が広がる

副業を行うことで、参画先の社長やPMなど多くの決裁権者と繋がることができます。

もし、副業で成果を出せば、フリーランスとして業務委託契約を打診され独立できたり、正社員としてヘッドハンティングされることもあるでしょう。

副業先で信頼を積み重ねることで、新たな仕事を紹介してもらえるケースも多々あるので、本業と同じ姿勢で業務に臨むようにしましょう。

広告運用者が副業を行うデメリット

初心者・実務未経験だと条件交渉が難しい

広告運用者は在宅案件や時短(週1〜2日)案件が豊富な点が魅力のひとつです。一方で、リモートや時短案件を発注してもらうためには、広告運用者として豊富な実務経験が求められます。

実務経験が1年未満である場合、密にフィードバックしてもらう必要があるので、在宅や時短で働ける副業案件には参画しづらいです。参画できたとしても、強気で単価交渉するのは難しいです。

まずは会社員として3年程度の実務経験を積んだ上で副業を始めることをおすすめします。

【2024年】広告運用が学べるスクールおすすめ10選数ある広告運用が学べるスクールを徹底的に比較し、おすすめのスクールのみを厳選して10校ご紹介します。...

就業規則に違反していると解雇されることも

広告運用者が副業を行う際は、本業で働く会社の就業規則を必ず確認しておきましょう。

副業禁止の会社で、万が一副業がバレたら解雇される可能性があります。副業が許可されていても、〇〇万円/月以上副業収入がある場合、会社に申請する必要があるケースもあるので必ず就業規則を確認しておきましょう。

法人を設立して役員報酬を0にするなど、副業収入を隠すことも可能ですが、会社を設立しているのがバレると元も子もないので注意が必要です。

副業所得が20万円を超えると確定申告が必要

副業による所得(売上−必要経費)が20万円を超えると、確定申告する必要があります。それに伴い、クラウド会計ソフトなどで日々帳簿づけを行う必要があります。

もし、確定申告を怠ると本来徴収される税金に加え、無申告加算税が上乗せされるので注意が必要です。